当サイト相談スタッフから

 大切な可愛いペットは私たちの家族です。一緒に生活を共にしてきたペットは本当に大切な家族の一員です。ペットは犬や猫といった動物もそうですがハムスターなど小さな動物もそうです。小さな動物でもその存在感は大きなものです。そんな大切な家族が亡くなった時、私たちはどのようなことをすれば良いのでしょうか。やはり大切な家族であるペットには、安らかに眠ってもらいたいものです。その為、最近では...

 ペットブームというのは現代の象徴でもありますので、動物と共に共同生活をしている人というのはたくさんいるのです。しかし動物というのも同じ命を宿すものでありますので、人間より寿命の短い動物というのもいつかは永遠のお別れをする日というのがやってきます。そこで私たちの会社ではペットが亡くなってしまったときの火葬のことであったり、火葬による動物の葬儀の方法のことなどの問い合わせもたくさ...

 ペットは大切な家族の一員です。亡くなったときどうお別れするかも、人間と同じように考えてあげたいですね。ペット葬儀110番では、そんなペットの葬儀についてのお問い合わせを、全国各地にある多くの加盟店との提携を活かし日本全国どこでも、また24時間365日受け付けております。平日は仕事で忙しく深夜しか時間が作れないといったときにも安心してお問い合わせいただけます。特に最近では猫の火...

ペットの犬が亡くなってしまった時に、どのようにしてペット葬儀を行えば良いのか分からないという方はいらっしゃらないでしょうか。もしいらっしゃるのでしたら、ペット葬儀110番にまでご連絡ください。どのようにしたら良いのかご相談に乗ることができます。 当サイトではペット葬儀の霊園や業者を加盟店としており、ご依頼がありましたら皆さまの身近にある加盟店がすぐに伺います。そこでどういった...

 最近、ペット出張火葬についての依頼をよくお受けいたします。生前からお年を召したペットの先々を考えてご相談頂いている方は、こちらにお越しいただき、荘厳な葬儀を執り行うことが多いのですが、先々を考えておられず、急な出来事に戸惑い、急いでお調べになり、ペット出張火葬を知る方も多くなっているのです。家族皆さんがお揃いの場で、お見守りいただき火葬と葬儀を行います。お骨を納めさせていただ...

 ペット葬儀は、もはや珍しいものでは無くなってきました。ひとくくりにペットといっても、動物にも多くの種類があります。ご家庭で可愛がっていた、猫の葬式についての事でしたら、私共にお問い合わせください。ペットの猫も家族の一員、そういった意識が高まり、キチンと弔うために葬儀を行う傾向にあります。弔うことだけではなく、家族として過ごしてきた猫への、心の整理もする機会にもなるのです。おか...

 ペットは私たちを癒してくれる可愛い存在ですよね。中でも猫は手がかからず、よく飼われているペットの一つです。しかしながら動物にも命があります。自宅で可愛がっていたペットの葬儀ともなると、どうすればいいかわからず、困っておられる方は多いのではないでしょうか。また、悲しみに打ちひしがれて、それどころではないと言われる方もおられるかもしれません。しかし、飼い主であった以上は、最後のお...

 出会いと別れ、それは何も人間に限ったことではないんです。ペットも大切な家族の一員なのです。そして、ペットを最後まで看取るのは飼い主の義務なのです。別れはいつか、やってくるものです。可愛いペットのためにどんなことをしてあげたらいいのか、その点を一緒になって考えてあげましょう。ペットもきちんと火葬して霊園に弔ってあげましょう。さて、ペットでも圧倒的に多く飼われているのが犬です。な...

 大切に飼っていたペットというのは、長年一緒にいるうちに動物と飼い主という枠を超えて、家族のようになっていくものです。生活の中で様々な人間模様がありますが、そういった辛い時にも楽しい時にも、一緒にいて癒してくれたことが、ペットのありがたさを感じるものになります。犬などの動物というのはどうしても人間よりも寿命が短いので、亡くなるのを見届けるのも飼い主の役割になるのです。人間のよう...

 ペットは家族です。多くは犬や猫、その他の小動物になるのでしょう。犬や猫に関しては10年でかなり高齢と言われます。20年も経つと超高齢です。家族でありながらその寿命からそれなりのことも考えないといけないことになります。もし亡くなった時には葬儀をしたり火葬をすることを考えるかもしれません。人のことを考えるとかなり大変なことをすることを想像するのですが、ペット訪問火葬と呼ばれるサー...

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?