ペットの葬式についてのお問い合わせも増えています

 可愛がっているペットの葬式で、別れを告げて、葬儀、霊園で、ペットは眠ります。生まれて、出会ったペット、お店で購入したペットなどさまざまです。生命には、始まりと、出会いと、別れはつきものです。ペットも一緒です。ペットがなくなっても、ペットの葬式で葬儀して、泣いてしまうのは、仕方がないです。でも、泣いてしまうということは、それだけ愛情を、注いで育てた証です。きっと安心して、安らかに眠っています。葬儀は辛いですが、泣いてもいいんです。泣いたほうが、愛に包まれています。霊園で、ゆったりと、飼い主を見守ります。
 愛情をたくさん注いで、幸せに、自由に、時には怒り、時には笑い、時には、心配して、飼い主と信頼し合えばペットも幸せに霊園で安らかに眠ります。生きとし生ける動物なので、最後まで優しく育てることが大事です。責任をもって、面倒を見て、病気になれば、動物病院で治療をして、そして命尽いて、葬式の時、育ててよかったと、泣きながらでも思えることが最後の優しさです。どの動物も、霊園で喜んで眠りについています。生命は尊いものです。ペットの葬式まで、責任をもって、マナーを守って、ペットと人生を幸せに生きていくことが大事です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?