火葬によるペットの供養に関するお問い合わせも多く頂いております

 火葬によりペットは霊園へ行きますが、飼い主との絆は、永遠であります。お互い共に笑い、共に亡き、遊んでじゃれて、楽しい思い出があります。その命尽きても、火葬のペットは、飼い主を心から思っています。猫も犬も、飼い主を癒やして、遊んで、じゃれたりしてお互いの絆を深めます。場合によっては、子孫を残して、命をつなぐこともあります。ペットの火葬を見て、涙を流される方々も多いと思われますが、それも生命です。亡くなることも、生きることの一つです。泣きながらでも受け入れることが必要です。どの動物も、飼い主を思ってくれる、信頼関係が大切です。
 いくら言うことを聞かなくても、亡くなるまで、ペットは飼い主を思い続けています。一つの命に、一つの思いがあると思います。大切に動物の生命を尊重します。一年に一回でもいいですので、霊園で供養すると、飼い犬や、飼い猫も喜んで守ってくださるかと思います。楽しい思い出をたくさんつくってくれて本当にありがとうと、感謝できるペットとのお別れができることほど、優しく幸せであることはないと思います。それだけ絆や、信頼しあって、散歩したりしたのですから、感謝して安らかに火葬のペットのご冥福をお祈りすることが大切です。霊園で喜んでいます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?