※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます

長崎市のペット供養

ペットの生涯寿命ってどれくらい?長崎市での火葬方法の豆知識

長崎市では、ペットとして犬や猫を飼っている家庭が増えています。これは、高齢化社会や結婚しない人が増えているために、寂しさを紛らわせるためにペットを飼う人が増えているということです。家庭で飼う際にどうしても避けられないのが、ペットの死です。人気のある犬の平均寿命は、大型犬で10歳くらい、小型犬で12歳から14歳と言われてます。犬種別に見ていくと、ミニチュアダックスフンドが13歳、チワワが14歳、トイプードルが13歳、ラグドールの寿命は14年前後です。長生きをすると、17歳から20歳まで生きるという例もあります。動物の寿命は人間と比べると短いですが、昨今では犬の平均の寿命は30年ほど前に比べて長い傾向にあります。その理由は、室内で飼う人が増えているからです。室内で飼うと、外気のストレスから解放されたり、動物の変化に人間が気づきやすくなるからです。少しの異変で直ぐに病院に連れて行くことができます。平均の寿命の推移が右肩上がりになっていることは、飼い主にとっては嬉しいことです。しかし、人間よりも先に亡くなっていく事実は今だ変わらないものです。長崎市では、そんな愛するペットが亡くなった時に、ペット葬儀業者で供養する事が増えています。これは、人間と同じように、献花、線香を上げて最後のお別れをすることができます。ペット葬儀に際しての火葬の方法はに色々あるのですが、中でも焼却炉を積載した車で火葬をすると言う手法が人気です。この方法では、わざわざ自分から出向く手間を省くことができます。その他の利点は、自宅の敷地内やその近くで火葬を行う間ゆっくりと待つことができることです。霊園で火葬を行うと、慣れない環境の中で待たなければいけません。それと、積載している焼却炉は無煙無臭の特別なものなので、近所にも迷惑を掛けることなく葬儀ができます。遺体を焼却する際には、生前ペット好きだったおやつなどを炉に入れることが可能です。長崎市で大事なペットが亡くなった際は、気軽にペット葬儀業者に相談すると良いです。

長崎市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年04月10日
    エリア
    長崎県長崎市
    参考金額
    16,000円

    亡くなられたペットの火葬依頼が寄せられました。お客様が飼われていたのは体重5~6キロの猫とのことでした。遺体の引き取りしてもらい、合同火葬、埋葬もお願いしたいとのご要望でした。火葬する希望の日にちおよび折り返しの連絡について、ご都合の良い日時の指定がありました。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談からお別れ終了まで
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?