※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます

奈良市のペット供養

ペットの生涯寿命ってどれくらい?奈良市での火葬方法の豆知識

良き話し相手となってくれる犬や猫といったペット達も、年々年をとるのが自然の摂理です。動物は人間に比べて平均寿命が短く、年をとるのも早い傾向があります。例えば犬や猫の1年は、人間の数年間に匹敵するのが一般的です。従って、約10年から15年程度でお別れの時期を迎えてしまうことがほとんどと言えます。例えば、中型犬の代表的な存在であるハスキー犬は、12歳から14歳が平均寿命です。こういった寿命の時期が近付くと次第に体も弱り、様々な病気にかかりやすくなります。最近では犬や猫が人間同様の生活習慣病にかかる率が高くなっており、平均寿命を全う出来ないケースも少なくない状況です。こういった状況の中では、早めにペットの死後について考えておくことが飼主としての責任の1つとも考えられています。奈良市在住の方がペット葬儀を業者に依頼する場合は、幾つかの選択肢があります。通常は複数のメモリアルプランがあり、その中から選ぶことになるのが一般的な流れです。例えば、個別火葬のプランの場合は基本的に1体のみでの火葬になります。葬儀業者の専用炉や専用火葬車で行う方法があり、立ち会いやお骨上げも可能です。また、遺体の引き取りだけを依頼して複数のペット達と一緒に荼毘にふされる合同火葬のプランもあります。奈良市の場合はこの他には、移動火葬車のプランが提供されている状況です。この方法の場合は、ほぼ24時間受付対応してもらうことも可能で遺体を遠隔地まで運ぶ必要がないのが一つの利点と言えます。火葬にした場合のペットのお骨は、様々な方法で埋葬が出来ます。霊園などに埋葬する方法や自宅での手元供養などがあり、自分の希望に沿ったスタイルでペットを供養出来るのが現在の一つの風潮です。近年は、人間と同じ墓地に埋葬するスタイルや法要も見られるようになっています。奈良市などの県内都市部の場合は、特にペット葬儀の選択肢が豊富です。従って、人間同様に行く末を考えておくことが大切になっています。

奈良市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年04月18日
    エリア
    奈良県奈良市
    参考金額
    19,000円

    ペットの火葬車での個別火葬を依頼したいとのお問い合わせをいただきました。お客様が火葬を希望されているペットは、体重が5キロもないミニチュアダックスフンドで、指定日時までに折り返しの電話をしてほしいとのことでした。

  • 受付日
    2016年04月11日
    エリア
    奈良県奈良市
    参考金額
    21,000円

    こちらのお客様は、まず無料の概算案内をご希望されていました。お話によりますと、飼われていたシーズーとチワワのミックス犬が亡くなられたとのこと。ご遺体のお取り扱い方法については、火葬車での個別火葬と、ご返骨をご希望されていました。火葬希望日は、可能ならその日のうちに始めてほしいとおっしゃいました。

  • 受付日
    2016年03月12日
    エリア
    奈良県奈良市
    参考金額
    22,000円

    ペットとして飼っていた柴犬の葬儀についてご相談をいただきました。家族で見送りたいということで、火葬方法は、自宅に火葬車を呼んでの個別火葬で返骨ありが希望とのこと。対象の柴犬の体重はおよそ8キロ。火葬日については、見積りを精査後スタッフと相談して決めたい旨をお話下さいました。

  • 受付日
    2016年01月13日
    エリア
    奈良県奈良市
    参考金額
    21,296円

    5キロ以下の大きさの犬が亡くなったので葬儀をお願いしたいとのご連絡を飼い主様よりいただきました。葬儀は火葬車での個別火葬をお望みで、火葬後の遺骨は返骨してほしいと希望されていました。火葬の日程に関しては、お客様から希望の日程をご指定いただきました。

  • 受付日
    2015年11月05日
    エリア
    奈良県奈良市
    参考金額
    18,518円

    ペット葬儀に関してのご相談をいただきました。こちらのお客様は、体重3キロの愛猫を亡くされ、立ち会い無しでの火葬と返骨を希望されていました。また、返骨に関しては返骨用骨箱に入れてくださいとのご要望でした。お客様は折り返しのお電話を希望されており、至急電話してほしいとのご希望でした。

その他の葬儀事例紹介はこちら

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談からお別れ終了まで
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?