最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットと仕事

ペットを飼っている方とそうで無い方の間で議論になっていることがあります。 それは「ペットが亡くなった時、仕事を休むのか?」ということです。休むべきだという人の意見として、例えばこんな声が挙げられます。 「大切な家族の一員が亡くなったのだから、仕事を休んで当然だ。」 「家族で最後のお見送りをしたい。」 一方、仕事を休むべきでは無いと答えた人の中には、 「もしも人生をかける大切な仕事があった時、仕事を休む人はいない、ペットの死を理由に休む人は、仕事を軽視しているのだ。」という人もいます。様々な意見がありますが、ペットに限らず、生き物は亡くなったその瞬間から腐敗が始まります。 もし、一人暮らしをされている方が真夏日にペットが亡くなった場合、家にペットを残して仕事に行ってしまったら、ペットの遺体の傷みは、冬場以上に早くなります。 「ではドライアイスを用意して冷やしておけば良いではないか」という人もいますが、 おおよそ一般的な会社員が働く時間は8時間前後です。そこまでの時間保冷出来るものを入手するのは極めて困難です。ペットを失った悲しみは、精神的苦痛として法的に保護が認められています。もちろん、仕事の引き継ぎなどに不手際があっては、周囲に迷惑をかけてしまうことがあるので、気をつけなくてはなりませんが、遅刻や早退、どうしても立ち直れない時は思い切って休暇を取ることも必要かもしれません。 悲しみを上手く消化出来ずに、心を壊してしまわないよう、 必要であれば心の区切りを付ける意味でも、ペット葬儀を行なうことも有意義です。 是非一度ペット葬儀をお考えください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?