最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットと災害

先日北関東では洪水により、多くの方が酷い水害に遭われました。被害に遭ったのは人間だけでなく、動物も同じでした。 ペットも家族同然の時代となった現代、今回の水害ではペットを命がけで守る人々の姿を目にすることがありました。 これを教訓にもしもこれから災害に遭った場合、ペットにはどのようなことをしてあげるべきなのか? ということをしっかりと考えておく必要があります。まず災害が起きた時人命が最優先され、安全の確保が出来て初めてペットを連れて避難するということが出来るということを覚えておかなくてはなりません。避難所の中ではペットの受け入れを認めていないところもあります。こうした場合は、ペットの受け入れが可能な場所に移動するという手を考えることも出来ます。あらかじめどの避難所が受け入れ可能なのかを調べておく必要があります。 災害用の備品にはペット用のシーツやエサなども入れておくと良いでしょう。また万一の時は一緒に逃げられるように日頃からしつけておくことも必要です。先の原発事故ではペットをそのままに逃げるしかなかったという方もおられ、中にはそのまま命を失ってしまったペットも沢山いました。考えたくもないことですが、災害時もしもペットに何かがあった時は、地方自治体にどのように対処すれば良いのかを確認してみましょう。避難生活が落ち着いてから、ゆっくりと葬儀をあげて弔うことことも十分に可能です。 もしも供養してあげたいペットがいる時、是非一度当サイトにお問い合わせください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?