最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットの最期は大切に

ペットを飼われている方にとって、日々の愛情は大切なものとなっています。ペットを飼うということは、その生物との生活を一緒に過ごしていくものであり、病気になったときにも、怪我になったときにも見放すことなく、絶えず傍に居てあげることが必要です。犬や猫、鳥やハムスターなど、その種類はさまざまです。飼い主となった方はその生物の生態をよく理解し、付き合い続けている方がほとんどではないでしょうか。しかし、ペットもいつかは亡くなってしまいます。その後のことについては、生態を理解していたとしても誰もが落ち込み、悲しむものです。注いできた愛情が多ければ多いほど、失った時のショックは大きいものです。ただ、飼い主の愛情がどれほど多くとも、ペットは亡くなった際には一般廃棄物として処理されることがほとんどです。自治体によっては、今も庭への埋葬を許可している地域もありますが、許可のない埋葬は控えた方が賢明です。そのため、各自治体ではペットの火葬を受け持ってくれるのですが、合同火葬によって処理されてしまうだけでなく、遺骨の返却もありません。ペットとの生活を思い出に留めるだけでなく、形として残してあげるペット供養という方法が、近年注目されています。遺影の作成はもちろん、遺骨の返却も行ってくれるため、愛するペットが最期を迎えた際には、なるべくペット供養をしてあげる方が、飼い主にとって大切なことかもしれません。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?