最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットも家族の一員です

近年、ペットは家族の一員であり、かけがえのないものという考え方が当たり前になってきました。そのため、ペットのためのペット葬やペット霊園など、ペットを手厚く葬るための施設が増えています。しかし、なかには「ペットは家族だから家族と同じお墓に埋葬したい」という声もあり、そういった需要に応えるように、人とペットが一緒に入れるお墓も増えてきています。昔は宗教上の問題もあり動物と人間が同じお墓に入るということ事態が問題視されていました。しかし、時代や人々の意識の変化に伴い、そういった考えは薄れ、「ペットと一緒のお墓に入りたい」「それをかなえてあげたい」と考える人が増えてきたわけです。大型の総合ペット霊園では以前から人とペットが一緒に入れるお墓を用意しているところもありましたが、最近では人間のお墓にペットを埋葬できるように作られたものが増えて来ているのです。ペットの供養が重要視されてきた現在ではペットの法要日と言うものもあります。法要とは家族や親族、親しい知人などが集まり、なくなったペットの冥福を祈る行事をいいます。そして、その法要日のことを忌日と呼びます。基本的には人間と同じように初七日や49日といったように喪に服す期間が存在します。よく、忌中とあるのはこのことで、喪中と道義的に扱われることがあります。このようにペット供養は家族であった人たちには人間と同じように扱うことが当たり前になっているのです。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?