最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットを供養しようという気持ち

人と同じように接したり、家族といっても差し支えないペット。飼い主はペットに愛情を注ぎ、ペットは飼い主に癒しをもたらしてくれるでしょう。しかし、生き物はいずれ死を迎えます。人生のパートナーともいえるペットが亡くなってしまったら、きちんと弔ってあげましょう。ペットが亡くなってしまった場合、対応は飼い主が決めることができます。行政を利用する、自分の土地に埋める、民間のペット葬儀を利用する、の中からいずれかを選ぶことになります。行政の対応は、地域によって大きく異なります。悲しいことですが、法律上、動物の死骸は、廃棄物ですので、ゴミとして処分されてしまい、一部行政はそうした対応を取っております。また、ペット火葬や埋葬を行っている行政でも、ペット供養を行わないところや、合同での火葬・埋葬を行うところがほとんどです。焼却炉についても、ペット専用のものは少なく、お骨のお返しや立ち合いなどはほとんど行われていません。また、申し込みには、時間や搬入方法の問題もあり、時期によっては混雑していることもあります。お庭に埋める場合は、注意して埋めなければなりません。適切な深さ、大きさに穴を掘らないと、臭いの原因となったり、野生動物などに掘り返されることもあります。近隣への被害やトラブルを避けるためにも、大型ペットは埋めることが難しいと言えます。また民間の場合は、各業者で、サービス内容や対応できることがさまざまですので、よく吟味する必要があります。飼い主にペットを弔う気持ちがあれば、どんな方法をもってしても、ペットは安心して安らかに旅立つことができるでしょう。ゆっくりと考え、飼い主自身に最も適した方法を選んでください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?