最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットロス症候群に御注意ください

生きているものは全ていつか死を迎えます。私達の心の支えとなる大切な家族であるペットも同じです。 また、人間よりも遥かに寿命が短いために、犬や猫は10年前後で寿命を迎えてしまいます。 自分の子供のようにペットを可愛がっている人にとっては、ペットの死はとても悲しいものです。 しかしこのペットの死により、時に自分自身の心が追い詰められ、重大な精神疾患を引き起こす可能性があります。ペットロス症候群をご存知でしょうか? ペットがいなくなってしまった後、その悲しみに一旦区切りをつけ、新しく気持ちを切り替えることが出来るようになるには個人差があります。しかしこれが長引き過ぎると、鬱病などを発症してしまう危険性があります。ペットロスを引き起こす原因として、 ・自らが悲しみに耐性が無い ・ペットの死に対して周囲が心ない言葉をかけられる ・罪の意識が根深く残ってしまう こうしたことが挙げられます。罪の意識が根深く残るというのは、例えばペットが事故に遭ってしまった場合などによく起こります。 普段から放し飼いにしたり、健康に悪いものを食べさせたりするということは避けるべきです。 また、ペットを失って悲しいのはとても自然な、人間が人間であるからこそのものだということを理解すべきです。 死を理解して悲しむ動物はほんの僅かな種なのです。また、この悲しみを乗り越えるために大切なのは、まず自分が思い切り悲しむことです。 その為にもペットの弔いは非常に大切です。 もしもペット葬儀についてお考えの方は、まず当サイトにご相談ください。 お力添えが出来るよう精一杯努めます。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?