最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

古来より大事にされてきたペットたち

皆様は、ペットを飼っているでしょうか。また、飼っていたことや、これから飼うご予定はあるでしょうか。近年は核家族化によって一世帯あたりの人数は減少傾向にありますが、その反面、ペットの飼育数は増加しているのです。例えば、ペットの中でも代表的な動物が犬と猫です。そのどちらも増加傾向にあり、両者を合わせた飼育数は3,000万頭に達しようとしています。
このようにペットの飼育数が増えていきますと、無視できないのがペットの死後の扱いです。ペットの遺体は一般廃棄物扱い、つまりはゴミと同じような扱いになってしまいます。しかし、共に生活してきたペットをゴミ扱いする事は心情的にも難しいでしょう。その気持ちは昔の人も同じだったようで、古くは縄文時代からペット葬儀が行われていたとの事です。また、古代のエジプトからでもペットのミイラが発見されたとの事です。現代と比べれば埋葬方法はシンプルでしたが、ペット供養をいかに大切にしていたのかが窺えます。
古来はペットを土葬する事が多かったようですが、現在は火葬するのが一般的です。火葬にも様々なプランがあり、合同火葬によって費用を抑えるプランや、個別火葬によってその場に立ち会ったりと、いくつか選択する事が可能です。法律的には一般廃棄物でも、ペットの火葬は家族の火葬に近いものがあります。気持ちよくペットを送る事ができるように、悔いのないペット葬儀を実現させてください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?