最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

土葬がおすすめできない理由

現代では、ペット葬儀の方法と言いますと火葬を行うのが一般的です。ペット霊園、または移動火葬車などで遺体を焼き、残ったお骨を埋葬します。
しかし、かつてはペット葬儀と言えば土葬を行う事が多かったようです。土葬は地面を掘るだけで済むため、特別な技術や道具などを必要としません。また、宗教によっては火葬よりも土葬を好む場合もあります。手軽にできるペット葬儀ともいえますが、この方法はあまりおすすめされません。それはどうしてでしょうか。

そもそも、土葬が一般的だったのはアパートやマンションが少なく、多くの人が戸建住宅に暮らしていた時代です。この時代は人間も土葬される事が多く、火葬そのものが一般的とはいえませんでした。しかし現代では人間は火葬が一般的になり、ペット葬儀もそれにつられる形で火葬が増えました。火葬にすることで遺体を小さくする事ができますし、家の中で供養する事も可能です。
しかし土葬では、まずお庭が必要になります。お庭の外では、土壌や水質に悪影響を及ぼすおそれがあり、法律でも禁止されているのです。お庭があったとしても、土葬では穴を掘らなければいけません。手のひらサイズの小動物ならまだしも、大型犬などになりますと1メートル以上の深さの穴を掘らなければいけません。そうしなければ、異臭が漂ったり、他の動物に遺体を掘り起こされて荒らされたりする事があるのです。

ペット葬儀の方法はいくつもありますが、それは火葬を前提としている事が多いです。当サイトでも、ペット葬儀は火葬で承っています。ペット火葬をご希望される場合は、当サイトよりご相談ください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?