最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

手元供養を選ばれる方も増えています

ペット供養の方法として、ペット葬儀、ペット火葬を行う方が増えていますが、火葬後もお骨を手元に残しておきたいという方もいるようです。このような方法は手元供養と呼ばれており、手元供養の方法には下記のような方法があります。

■お骨の一部を家に置いておく
いわゆる分骨と呼ばれる方法です。ペット火葬後のお骨を2つ以上の骨壷に納骨し、手元に置いておく物と埋葬する物に分けます。分骨はスペースの関係で全てのお骨を取っておけないという方に多く見られる方法です。また、ペンダントにお骨を入れて持ち歩く方もいるようです。

■お庭に散骨する
火葬後のお骨を粉骨し、お庭に散骨する方法です。特にお庭でペットを飼われていた方に多く見られるそうです。

■マンションで埋葬する方法も
マンションでペットを飼われていた方は、お庭のように埋葬する場所がありませんが、ベランダにプランターを置くことで埋葬することも出来ます。一緒にペットが好きだった花を植える方もいるそうです。

このようにペットを供養する方法は、多岐に渡り必ずこの方法でなければならないということはありません。ご自身が納得いく形で供養されるのがおすすめです。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?