最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

時に言葉は人を傷つけます

「言葉」というのはなかなかデリケートなもので、例え励ましたつもりでも、相手をひどく傷つけてしまう場合があります。最悪、相手から「もうあなたとは会いたくない」と絶交されてしまう恐れも考えられるでしょう。これは、ペットを亡くした方に対しても同じことが言えます。 ご存じの方が多いように、人とペットの命の長さは同じではありません。人は100歳以上長生きできる方もいらっしゃいますが、ペットはどんなに頑張っても人と同じ長生きはできません。猫の平均寿命は15年、犬の平均寿命は13年と言われており、誰でもペットに先立たれてしまうのです。 ペットが亡くなってからペット葬儀の準備をするまで、周りの方は色んな励ましの言葉を掛けようとします。例えば「よく頑張ったね」「大切に育てられてペットも幸せに感じてるよ」など。言葉は短くても、飼い主にとっては嬉しいものです。しかし、中には「ペットの命が短いなんて当たり前じゃん」「亡くなった事実に変わりはないんだから受け入れないと」といった言葉を掛ける人もいます。ただでさえ、ペットを亡くしたばかりの飼い主は自分自身を責めている時なのに、無慈悲な言葉を掛けるのは、ある意味ペットを看取る時より辛いと言えるでしょう。ペットの死を乗り越えた上でそのような言葉をかけている方もいるかもしれませんが、考え方は人それぞれ違うということを心がけておくことが大事なのです。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?