最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

短い寿命でも、一緒に過ごした時間は忘れられないものです

人間の寿命は大体70年程度、長い人でも100年程度です。動物は野生と管理下で寿命が異なる場合がありますが、カメのように100年近く生きるものから、ハムスターのように1年から3年程度と短いものまで様々です。 ペットとして飼育される動物は、ひょっとすると平均的な寿命よりも長い場合があるかもしれません。飼い主の方の愛情を一身に受けて、いつまでもいつまでも仲良く過ごせればとても幸せなことですが、ペットとして人気の高い犬やネコ、小動物類は人間の寿命よりも短いものがほとんどです。 例えば犬の場合、大体10年程度だと言われており、赤ん坊が成長して小学校卒業する頃にはもうこの世には居ない場合があります。 実は猫のほうが若干長生きで、13年程度とも言われていますが、大差はないかもしれません。しかし、寿命の長短が、その動物に対する愛情の深さと比例するわけではありません。短い一生を過ごす動物達と、常に一緒に居て愛情を注ぎ続けた飼い主の方々の思いは、どんな動物に対しても変わることは無いのです。 そういったペットたちの最期に、ペット供養を行なうことでその御霊を弔い、感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。 そういった葬儀のご相談などは、当サイトへぜひ、お寄せください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?