最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

自分で選ぶペット供養

日本でペットブームが始まって以来、ペットを飼われている方は非常に多くなってきました。町を歩いていると、服を着ている犬と散歩している人の姿を見かけたことはないでしょうか。犬に限らず、多様な動物がペットとして飼われ、その種類もさまざまでしょう。コンパニオンアニマルという言葉が生まれるほど、飼い主さんとペットは、深い絆で結ばれていて、話しかけたり、一緒に旅行に行ったりする方もいるそうです。しかし、ペットというものは人間に比べ短命であり、不慮の事故で亡くなってしまうこともあるでしょう。もし、家族といっても差し支えのないペットがいなくなってしまったら、とてつもない悲しみに包まれてしまうかもしれません。でも、飼い主さんは最後までペットの面倒を見てあげましょう。ペットが亡くなった場合、法律上は廃棄物として処理されますが、飼い主さんがそうした扱いに抵抗があり、きちんとペット供養を行いたいという意志があれば、ペット火葬や埋葬を行うことができます。地域によって行政の対応が異なり、そうした流れを汲み取り、火葬や埋葬を行う行政もあれば、廃棄物として処理を行っているところもあります。また、ペット火葬の方法、立ち合いの可否、お骨のお返し、埋葬法、お参りは可能かどうか、とかなり違いがあり、受付の時間や、搬入方法、混み具合などもありますので、なかなか飼い主さんに合ったペット供養というのは、行いづらいかもしれません。そうしたときは民間のペット供養を検討してみましょう。民間のペット供養であれば、飼い主さんが納得のいくペット供養を行える場合があります。ペットを見送ることで、飼い主さん自身も一つの区切りをつけることができるかもしれません。人生の伴侶ともいえる存在ですから、ペット供養してあげたい気持ちは、あると思います。後は、飼い主さんの無理のない範囲で、自分に合ったペット葬儀を選択してはいかがでしょうか。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?