最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

自宅供養という選択

愛するペットがなくなったとき、葬儀を終えた跡のペット供養をどうするか悩まれている方は、自宅供養という方法を取ってみてはいかがでしょうか。長年住み慣れた家をはなれての供養だと、ペットも家族もつらい気持ちになってしまうでしょう。しかし、火葬後に自宅の家族が集まる部屋などに安置して、写真やお花、水をお供えして上げれば、ペットも寂しがることはないですし、特に家族が集まる部屋であれば、楽しげな家族の声を聞くことができ、ペットも安らかな眠りにつけるでしょう。もともと、自宅供養とは故人の「骨」を供養の対象としたもので、手元供養とも言います。一般的には寺院へ納骨しますが、自宅供養では、納骨の代わり、もしくは納骨をした上で遺灰や遺骨を自宅で保管し、身近な場で故人を偲ぶという考え方です。また、ここからさらに3種類に別れ、遺骨をそのまま、もしくは粉骨化して自宅においておく方法、遺骨の一部をロケット型のペンダントなどに入れ、身につけておく方法、遺骨や遺灰を加工する方法があります。業者によっては、ロケット型のペンダントではなく、オリジナルデザインのカプセルに入れておく方法もあります。これらの方法を取ることで、愛するペットを常に身近においておくことができます。ペットを家族のように愛しているからこそ、自宅供養をし、少しでも長くペットと共にいたいものです。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?