最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

進化するペットの供養

近年、ペットと人間の距離がより近くなり、亡くなったペットを弔う際もしっかりと葬儀をするという人も増えてきました。ペットの葬儀というのは昔では考えられないサービスでしたが、葬儀だけでなくその後の供養の仕方も大幅に変わり、それが当たり前となりつつあります。

近年注目されている供養の形が、遺骨や遺毛を利用した手元に残しておくというものです。
骨壷は今までにもあったものですが、骨壷のデザインも自然に還すことが出来る紙で出来た骨壷や、オブジェの中に収めておける骨壷など、形や種類が更に増え続けています。

さらに手元に残しておける供養として驚くべきものがあります。
それは遺毛や遺骨からDNAを採取し、ペンダントに収めておくことが出来るというものです。
現代技術が作り上げた新たな供養の仕方ということで今非常に注目を集めています。
遺骨を小さなペンダントに収めるという話は聞いたことがありますが、DNAを取り出してアクセサリーにしてしまうというのは、画期的な供養の仕方ですね。

有名な物語に「スーホの白い馬」というものがあります。
遊牧民スーホが大切に育てていた白馬が亡くなった後、スーホは白馬を馬頭琴という楽器にするというものでした。亡骸を使って新しいものを使うということは、実は古くから供養の形として残っていたのですね。

供養の仕方は人それぞれですが、まずはきちんと葬儀を執り行うことが、供養の第一歩です。
当サイトではペット葬儀にまつわるご相談を受け付けております。まずはお電話ください。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?