最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

愛犬が亡くなった時の飼い主がやるべきこと

長年連れ添った愛犬の死というのは、とても辛いことですが、悲しみにくれるだけでなく、飼い主の方には残された最後のお仕事がありますので、ここでは市町村区への届け出、愛犬の遺体のいたわり方、葬儀の依頼方法についてご紹介します。
初めてのことだと、悲しみのあまり手につかないことも考えられますが、愛犬に、飼い主として最後にしてあげられることと考えて、1つずつこなしていきましょう。



愛犬

市町村区への届け出を行う

愛犬が亡くなったら、死亡届を市町村へ提出することが必要です。これは飼い主の義務でもあります。
まず登録していた保健所などに死亡してから30日以内に出向きます。持ち物は、「犬鑑札」と「狂犬病予防注射済票」です。死亡届に関しては、HPからダウンロードできることがあるので事前にご自宅で書いておくことができます。
死亡届の記入内容は、所有住所や登録年度などです。いずれも持ち物である鑑札などをみればわかるようになっていますのでご安心下さい。記入後は、鑑札と注射済票を提出することで完結します。
電子申請ができる市町村もありますので、出向くのが難しい方はHPから手続きするのもいいでしょう。


愛犬の遺体をきれいにしてあげる

愛犬が亡くなったら、最後までしてあげられることがあります。
それは、愛犬の身体をきれいにしてあげることです。
きれいにする前には、死後硬直が始まってしまいますので、まずは足を折り曲げて楽な姿勢にしてあげましょう。毛並みを整える時は、固くしぼったガーゼなどで優しく拭いてあげましょう。口などから体液が出てくることもあるのでこれも拭いてあげましょう。
ペット葬儀の前までに終わらせることで、愛犬にとって気持ちがいい状態で送り出せます。


葬儀の依頼をする

愛犬の火葬には、ご自身で火葬場まで運んでいく方法もありますが、ペット葬儀を行う体制が整ってきた今、サービスは様々でどこに頼めばいいか迷われることも多いと思います。
こちらのサービスとして、愛犬の火葬には3つのプランがあります。

プラン1 立ち会いなしの合同火葬

引取までで、あとの愛犬の火葬はお任せするというものです。寂しい気もしますが、合同火葬を行うことで寂しい思いをしないようにと選ばれる方もいらっしゃいます。

プラン2 立ち会いなしの個別火葬で、お骨は返却

ご依頼が一番多いペット葬儀のプランです。ご希望の方には埋葬も可能です。

プラン3 立ち会いありの個別火葬

お骨上げもしていただくので、最後まで見届けることができます。

ペット葬儀は、大切な愛犬との最後の行事になるので、納得できるものを選びましょう。


まとめ

ペット
愛犬がなくなった時は手続きの他、愛犬の火葬のことについても考えなくてはいけません。また、ペット葬儀については選択肢が幅広いです。
悲しみにくれる中、これだけのことを考えなくてはいけないので混乱するかもしれませんが、これらは全て大切な愛犬にしてあげられることです。
最後まで、大切に見送ってあげましょう。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?