※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます

宇都宮市のペット供養

ペットの生涯寿命ってどれくらい?宇都宮市での火葬方法の豆知識

犬や猫を中心としたペットブームになっていますが、犬の寿命は10~13年、猫の寿命は15年です。 大切なペットが亡くなった場合のペット葬儀には様々な形があります。宇都宮市では葬儀に都合で出られない人は、業者が写真で撮ってメールで送信してくれるところもあります。飼い主が自分で霊園まで遺体を運ぶ場合と、業者の送迎車で運んでもらう場合とがあります。また移動火葬車に出張してもらい自宅や近所でペット葬儀を行う場合もあります。設備を搭載した専用の車が指定場所まで来て葬儀を行います。環境や衛生面に配慮し40~90分くらで荼毘に伏して返骨してくれます。宇都宮市でもばよによってはこの移動スタイルは行えないところもあります。火葬方法について述べてみます。個別火葬は立会いと一任の2通りです。立会いは飼い主や家族が告別室でお別れやお見送りの後、炉で単独火葬をするやり方です。全て立会い遺骨を拾うところまで行います。一任は都合で立ち会えない時に業者にお任せして収骨までやってもらいます。業者が骨壺に遺骨を入れて引き渡してくれます。合同火葬は何体かのペットをまとめて火葬する方法です。この場合は自分のペットの遺骨を受け取ることができません。宇都宮市では個別のスタイルが年々多くなっています。 霊園に納骨する人は個別墓地や合同墓地があり、そこへ納めます。またペット霊園では納骨堂を備えているところが多く、そこへ納めると定期的に読経をしてくれます。更にお骨を入れられるペンダントなどのメモリアルグッズも、手元で供養できるとして好評です。供養も自宅で供養する方法と葬儀場、霊園の納骨堂で供養する方法があります。中には永代供養をしてくれるところもあります。期間ははっきりした区別はないのですが、初七日、四十九日、命日というように仏教と同じスタイルをとることが多いと言われています。自宅で供養する時は祭壇を作り、四十九日で霊園に改めて埋葬するというケースがほとんどです。合同の法要の場合は年に何度か合同で行います。これは家族も参加できます。供養塔を用意して永代供養をしてくれるところもあります。

宇都宮市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年03月30日
    エリア
    栃木県宇都宮市
    参考金額
    14,000円

    ペットのハムスターが亡くなったため、ペット葬儀について相談したいとご連絡いただきました。亡くなられたペットは火葬車で個別火葬するか、引き取りで合同火葬するかお悩みのご様子でした。ご返骨するか、埋葬するかも決めかめているご様子でした。火葬の日程につきましては、お客様が希望されるお日にちを指定されておりました。

  • 受付日
    2016年03月23日
    エリア
    栃木県宇都宮市
    参考金額
    12,963円

    小型動物のペット火葬についてご相談いただきました。こちらのお客様は飼育されているペットのウサギが亡くなり、当社にウサギの火葬の相談を寄せられました。お客様は火葬の際に個別火葬を望まれており、火葬車でのご訪問をご希望でした。火葬後にはご返骨を希望されており、費用についての相談をされました。

  • 受付日
    2016年01月15日
    エリア
    栃木県宇都宮市
    参考金額
    20,000円

    飼っていた猫を亡くされたお客様からの相談をお受けしました。こちらのお客様の愛猫は重さ4キロ近くあり、個別での火葬をお客様はご希望とのことでした。お客様はお焼き上げ後のご返骨も希望されており、火葬車での個別火葬をしてほしい、とおっしゃっておりました。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談からお別れ終了まで
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?