当サイト相談スタッフから

 火葬によりペットは霊園へ行きますが、飼い主との絆は、永遠であります。お互い共に笑い、共に亡き、遊んでじゃれて、楽しい思い出があります。その命尽きても、火葬のペットは、飼い主を心から思っています。猫も犬も、飼い主を癒やして、遊んで、じゃれたりしてお互いの絆を深めます。場合によっては、子孫を残して、命をつなぐこともあります。ペットの火葬を見て、涙を流される方々も多いと思われますが...

当社ではペットのお葬式についてのお問い合わせを多数頂いており、ペットに対する愛情の大きさをその都度感じさせて頂いております。ペットは家族同様という言葉がありましたが、今でははっきりと家族になっているということが分かり、日常生活でも愛情深く接しておられるのではないかと思います。 また、いつか来る別れの時ですが、その対応も深い愛情の上での家族ということで対応されるのが良いだろうと...

 ペットは、大切な家族の一員です。いつかはやってくる最愛のペットとの別れは辛く悲しいことですが、誰しも避けられないものです。責任を持ち、最期まできちんと向きあうことが大切です。その時に備え、あらかじめ情報を得て、比較し、信頼できるペット葬儀社を見つけておくことがお勧めです。一昔前は、葬儀をせずに家の庭に埋める人が多くいましたが、近年では、ペット葬を行うことが一般的になってきてい...

 ペットが家族ということで私達の社会生活に受け入れられ始めてから、もう長い年月が経っているように思います。特にインターネットなどでは、毎日のように可愛い犬や猫の動画などもアップされていて、それらの動画を見るだけでも気分が癒やされます。そうなるとペットとして受け入れている方々にとっては、家族も同然で、自然界では数年の命でも、ペットとして一緒に過ごしている場合には10年とか20年と...

 もし今飼っているペットが死んだ時、どうしたらよいかパニックになるかもしれません。最近ではペット扱いをされることはなく、家族同等の立場になっています。もしそんな家族がなくなってしまったら葬儀をするのが正しいのではないかと思います。葬儀は我々、ペット葬祭にご相談いただければ対応いたします。昔では考えられなかったことかもしれませんが、ペットといえどもやはり家族の一員なのです。そのた...

 可愛がっているペットの葬式で、別れを告げて、葬儀、霊園で、ペットは眠ります。生まれて、出会ったペット、お店で購入したペットなどさまざまです。生命には、始まりと、出会いと、別れはつきものです。ペットも一緒です。ペットがなくなっても、ペットの葬式で葬儀して、泣いてしまうのは、仕方がないです。でも、泣いてしまうということは、それだけ愛情を、注いで育てた証です。きっと安心して、安らか...

ペットは家族です。縁あって迎え入れた時からたくさんの喜びと癒しに満ちた思い出を人の心に刻み続けてくれるかけがえのない存在です。そんなペットが亡くなった時、飼い主様はやはり家族同様にしっかりと弔ってあげたいと思うのではないでしょうか? ペット葬儀110番では、そういった思いをくみ取って心をこめたペットの葬儀を行いたいと考えております。気兼ねなく最後の時間を過ごせるように葬儀をさ...

大切な家族であるペットが亡くなったとき、遺体の処理に困ってしまう、または家族同様ちゃんと火葬してあげたいという方はいらっしゃいませんか。我々、ペット葬儀110番では、お客様の大切なペットである動物の火葬を行っています。ペット葬儀110番では24時間365日体制で無料相談を受け付けています。また、葬儀火葬のお見積りを行っています。火葬の料金表はサービス内容と火葬する動物の体重を...

ペットブームの昨今、心無いペットの葬儀業者の存在によって大切な家族との別れで辛い思いをするケースが頻発しており、問題になっています。そうした中でも、特にトラブルが多いのが犬の葬儀です。亡骸をゴミとして捨ててしまったり、他のペットの骨を渡されたりというような痛ましいトラブルは少なくありません。こうした中で犬の葬儀を考えた時にどの業者に依頼をすればいいのか、本当に安心して任せられ...

大切なペットが亡くなってしまったのだけど、遺体をどう処理すればよいのかわからない、火葬埋葬してあげたいけど庭や敷地がないためにしてあげることができないという方は、ぜひペット葬儀110番でのペットの合同火葬をご検討ください。ペット葬儀110番では、お客様のご自宅までペットをお引き取りに伺います。引き取り後は、こちらでペットの合同火葬を行い、納骨日までお骨を安置します。納骨日がき...

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?