ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペットロスの症状に当てはまっていませんか?心身ともに休養しよう

ペットロスの症状に当てはまっていませんか?心身ともに休養しよう

 ペットロスの症状に当てはまっていませんか?心身ともに休養しよう

ペットを飼っている人の宿命といえるのが、ペットが飼い主より先に死んでしまうことです。ペットを大切にしている人にとっては、大事なペットの死も辛いものになります。

「何年も一緒に暮らしてきたペットが亡くなってしまった」。このような事態に涙がとまらず、夜も眠れないという人もいるでしょう。

ペットが亡くなって、悲しくなることは正常な反応です。しかし、その状態があまりにも長く続いてしまうのは少し心配です。もしかしたら、「ペットロス」という症状かもしれません。

この記事では、ペットロスの症状とペットロスの克服法についてご紹介したいと思います。少しずつ、悲しみは癒えていきます。この記事を読んで、ペットロスを乗り越えてほしいです。

ペットロスの症状に当てはまっていませんか?心身ともに休養しよう

ペットロスとは、「ペットが亡くなって精神的にも身体的にも体がすぐれない状態」のことを指します。ペットロスは、ペットを亡くした飼い主であれば、誰にでも起こりうる心の不調です。

ペットロスであることを後ろめたく思う必要はありません。悲しいことがあると、気分が沈んでしまうのは自然なことです。症状が重い場合には、周りの人のサポートを受けることも大切ですよ。

ペットロスの症状は人それぞれ

ペットロスになると、身体的にも精神的にも症状があらわれます。とくに心に不調をきたしてしまうことが多く、人によってはあまりのショックから「うつ病」になってしまう方もいます。

ペットロスの症状は人それぞれですので、主な症状を以下にご紹介します。自分の症状や困りごとを把握し、ペットロスの症状がひどい場合には医療機関にかかりましょう。

心の症状

ペットロスになると、「心の症状」として主に下のような症状があらわれます。

・不安に襲われる

・いないはずのペットの姿が見える

・物事に集中できない

・そわそわする

・パニックに陥る

・物事に対して悲観的になる

・強い孤独感おぼえる

体の症状

以下のような体調の異変によって日常生活に支障をきたしている場合は、ペットロスの症状が重症化していると考えられます。

・涙もろくなり、場所や時に関係なく涙が出てしまう

・食欲がなくなる、または過食になる

・体重が急激に減少、または増加する

・寝つきが悪くなる、または眠れない

・下痢や便秘といった症状が続く

・吐き気がある

・全身がだるくなる

・何事に対しても、以前に比べてやる気がでない

・じんましんが起こるなど、皮膚に不調がでる

・肩こりがひどい

・体がしびれる

・めまいが起こる

上記の症状に心当たりのある人は、睡眠や食事などの生活リズムを崩さないように気をつけて、体調が悪化しないようにしましょう。繰り返しますが、ペットロスの症状は人によって違うため、上記に挙げたものがすべてではありません。

これらの症状は時間の経過とともに次第に軽くなってくるのが一般的です。しかし、症状が長く続いたり、または悪化したりすることがあったら、病院やカウンセラーで診てもらうなどの周囲のサポートを受けることも必要になってくるでしょう。

ペットロスが起きるのは「亡くなった」ときだけではない

ペットロスが起きるのは「亡くなった」ときだけではない

実は、ペットロスが起きるのはペットが亡くなったときだけではありません。この記事を読んでいる方の中にも、「ペットの余命宣告」や「ペットとの生き別れ」を体験している方もいるでしょう。このような場合にも、ペットロスの症状があらわれてくることがあるのです。

では、実際に「ペットロス」の症状があらわれたとき、私たちはどうすればいいのでしょうか。

ペットロスの症状があらわれたら、どうしたらいいの?ペットロスの症状は最終的に時間が解決してくれるものです。とはいえ、何もしないで日々を過ごすのは余計に寂しいですよね。

ペットロスから立ち直るには以下のような方法があります。ぜひ参考にしてみてください。

・たくさん泣く

・食事をしっかりとり、生活リズムを崩さないようにする

・太陽の光を浴びる

・動きたくなくても外は出て、運動をする

・眠れなくても横になる

・自分の趣味に打ち込む

・友達に自分の気持ちを聞いてもらう

・ペットロスを体験した人の本やブログを読む

・ペットロスに関する本を読む

・お墓参りにいく

・お葬式をする

・ペットと過ごした楽しい思い出に心を向ける

・ペットの一部を身に着ける

・ペットの写真の整理をする

・新しい動物をそだてる

ペットロスになりやすい人の特徴

ペットロスになりやすい人には、以下のような特徴があります。

後悔することが多く、自分を責めてしまいがち

普段から、物事に対して後悔することが多かったり、自分を責めたりしてしまいがちな人は「あの時こうしていれば」という自責の念から苦しんでしまうことが多いようです。

こうした特徴のある方は優しい心の持ち主で、常に相手のことを考えて行動する人が多いため、ペットの死に対しても「自分が悪い」と思い悩んでしまいます。

実際にペットが死んでしまったとき、必要以上に思いつめることがないようにしましょう。

一人暮らしでペットが話し相手だった

ペットを大切にしていた人はショックでペットロスの症状が長期化してしまったり、回復に時間がかかったりしてしまうことが多いようです。

とくに、一人暮らしというものは、人によっては寂しいと感じることも多いようです。一人暮らしを始めて間もない人はペットを飼い始めることが多いです。だからこそ大切なペットを失ってしまったときにひどいペットロスに陥りやすいのです。

ペットを長く飼っていた

ペットと過ごす時間が長いほど、愛情は大きくなっていきます。多くの時間を一緒に過ごしてきた分、失ったときのショックは大きいことでしょう。

ペットを長く飼っていると「愛情を注ぐ対象がいなくなってしまった」と感じて、ペットロスになってしまう人が多いようです。

ペットの死に納得ができない

心の準備ができていない状態でのペットとの別れは、ペットロスの症状が長引きます。突然のことで気持ちの整理ができていない分、ショックはより大きくなるからです。

辛い気持ちも分かりますが、何事も、「意味」というものを求め続けると身動きが取れなくなります。忘れることが大事だというわけではないですが、あまり考えすぎるのもよくないでしょう。

ペットを何よりも大事にして生活を送っていた

ペットを何よりも大事にして日々を過ごしていた人は、普段からペットが中心の暮らしをしていたはずです。生活の「中心」を失ってしまったといっても過言ではないでしょう。

自分の人生にも大きな存在であったペットを失ってしまったことは、自分を失ったことへの同義をもたらすかもしれません。しかし、ペットの死によって自分を失ってしまうようなことがないよう、現実をしっかりとうけとめていく強さも必要です。

ペットロスから立ち直るキッカケも人それぞれ

ペットロスから立ち直るキッカケも人それぞれ

ペットロスの症状が人によって異なるのと同じで、ペットロスを乗り越える方法は人それぞれです。ありきたりな言葉になってしまいますが、「時間の流れが解決してくれる」といえるでしょう。

しかし、自分がペットロスにおいてどの段階にいるかを知ることができれば、少しは悲しみも和らぐのではないでしょうか。

心理学における考え方のひとつに、「悲嘆プロセス(死を乗り越えるための過程)」というものがあります。このプロセスは、死を乗り越えるステップをあらわしたものです。

大きく分けると急性期・中期・回復期の3段階あります。

【急性期】

深い悲しみの状態が出て、一般的に1~2週間続くとされます。この段階では泣くことを我慢せず、たくさん涙を流すことがよいとされています。

【中期】

亡くなったペットや人のことを思い出すなど、ペットに心がとらわれている状態をさします。これは数週間~1年間ほど続くといわれています。

【回復期】

亡くなったペットや人のことを悲しみや苦しみを伴わず、語ることができるとされています。人生に対して、「頑張ろう」と思えるようになります。

これらの、急性期・中期が長く続くようであれば、周囲の人のサポートに頼ることも必要になってきます。人間はひとりでは生きていません。ひとりで悲しみを抱え込まずに、周囲の人にも頼りましょう。

身近な人にペットロスの症状がでていたら?

身近な人にペットロスの症状が出ていた際に、相手が極度に落ち込んでいる場合には「無理な励まし」は絶対にやめましょう。とくに、「しっかりしろ」などと強い口調でいうことはNGです。まずは相手を温かく見守りましょう。

しかし他人の目からみてもペットロスの状態があまりにもひどく、日常生活にも支障をきたすようであれば、専門家や病院の方、カウンセラーの力を借りることを本人に促すとよいでしょう。

まとめ

私たち生き物には、平等に死というものが与えられています。ペットロスの症状は、誰にでも起こりうる「心の不調」です。そのため、ペットロスであることを恥じる必要はありません。ペットの死に直面し、ペットロスの症状があらわれた際には心身ともにしっかりと休養を取ることが大切です。

ペットの死は時間の流れが解決してくれます。悲しみを我慢せず、辛いときはたくさん泣きましょう。心が落ち込んでいるときは、食欲がなくなりがちです。食欲がなくなるのも分かりますが、あなたの健康を害さないためにも食事はしっかりとりましょう。

ペットロスを乗り越えるためには、自分が「これならやれそうかも」と思える方法を選択し、実際に行いましょう。やり方が分からない場合には、この記事で挙げた方法を参考にしてみてください。

それでも、ペットロスの症状が重い場合には、医療機関へ受診するなど周囲のサポートを受けましょう。ペットを失くした辛さは「あなたがペットを愛していた」という、あなたの愛の大きさを物語っています。あなたがペットロスからいち早く回復し、笑顔が戻ることを願っています。今は辛いかもしれませんが、一歩一歩前に進んでいきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-220-175