ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > 亡骸を安置する時に注意が必要です

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

亡骸を安置する時に注意が必要です

寒い冬も終わり、そろそろ暖かな季節も目前になってきました。
愛するペットが亡くなった後、悲しみにくれる飼い主の方にはすこし残酷な話かもしれませんが、亡くなったペットの体は、死後すぐから傷みはじめます。
暖かくなればなるほど、そのスピードは早くなりますので、今まで一緒に過ごしてきたペットの体を、ペット葬儀の時まできちんと保つ管理が必要です。
眠っているペットには少し可愛そうかもしれませんが、お家の中でもできるだけ暗くて涼しいお部屋に寝かせていただくのをおすすめします。
また、そのまま床に寝させては可愛そうですから、段ボール箱などでもいいので、その中にタオルを敷いて、ベッドにしてあげると良いでしょう。
また、ペットの体から体液などが流出する場合は、ティッシュなどで鼻の穴や、お口などを塞いで上げておき、漏れた部分については拭き取ってあげましょう。

こういった管理をしてあげても、できるだけ早めにペットには楽になってもらいたいものです。
ペット葬儀をお急ぎの方は、当相談窓口まで、ご相談いただければ幸いです。お急ぎのご依頼もお任せください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175