ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > 死と向き合うために

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

死と向き合うために

ペットを庭で飼う、というスタイルからペットと室内で一緒に暮らす方を選択する人が増えた現在、ペットが亡くなってしまったときのショックは相当なものでしょう。家族の一員だからこそ、ペット供養も手厚くしたいものですね。一般的には自宅のお庭に遺骨を埋葬し、そこに樹木やお花を植えて供養する人が多いようです。また最近では、自宅にペット用の祭壇を設け、骨壷のまわりに写真やお花を飾られる方もいらっしゃるようです。またスペースの問題で祭壇を置けないという場合には、骨を粉状にして小さなサイズの骨壷やメモリアルカプセルなどを使って分骨する方法もあります。またペットをかわいがってくれた方に限定して喪中はがきを送るという人が増えてきているそうです。喪中はがきを作って投函する、という一連の作業がペットを失った家族の気持ちの整理につながるということもあり、ペットロスを防ぐための大切な心のケアのひとつとして注目されています。ペット供養の方法はまだ確立されていないため、選択肢も多くあります。これまで長い時間をともに過ごし、たくさんの思い出を一緒に作ってきたペットの死とどう向き合うか。どうかご家族のライフスタイルやご希望に沿ったペット供養を見つけてくださいね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175