ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > 生き物であること

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

生き物であること

ペットは今や家族の一員として考えられています。しかしそうした大切な家族が人間よりも長生きすることは少なく、 いつかはお別れをしなくてはいけないのですが、その悲しみから立ち直れない人もいます。 その時は涙が出ないのに、長い期間かけて少しずつ死を引きずる人もいれば、 一度に悲しみが襲って打ちひしがれる人もいます。ペットロスという言葉は最近ではよく聞かれるようになりました。 このペットロスに苦しむ人は増加傾向にあり、酷い時には体にも支障をきたす事もあります。 こうしたペットロスはカウンセリングなどで徐々に悲しみを癒していくか、体に支障が出た場合は投薬治療をしなくてはいけませんが、一番大きな治療は自分の力で「心をどう持っていくか」という事です。 「あの時ああしていれば。」という自責の念に苦しむ人もいますが、生き物は死を選ぶことは出来ません。 ましてや人間も最期の場所さえ選ぶ事が出来るのは稀なことなのです。 思い切り悲しむことも大切です。後悔もすることもあるでしょう。 しかし、後悔よりも自分が大切なペットと出会えたこと、またペットと過ごせた幸せな時間に感謝をし、 その経験を新たな出会いや、自分の人生に活かしていく前向きな気持ちを持つことが大切です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175