ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > 遺骨を保管しておきたい場合は

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

遺骨を保管しておきたい場合は

ペット火葬を終えた後にはペット供養を行います。その方法は様々です。ペット霊園で静かに眠ってもらう場合でも個別墓地に埋葬されるか、共同墓地に埋葬されるか、それとも納骨堂に安置されるかといった具合に色々な形があります。他にはメモリアルグッズや骨壺に入れて自分で管理をするという形のペット供養もありますので、こちらがご希望ということでしたらご相談ください。メモリアルグッズはペンダントの中にパウダー状にした遺骨を保管するものが多いです。骨壺も遺骨を粉末状にしてから保管をします。遺骨のままですと形が大きく、手元にはなかなか置いておけない場合があるからです。最期を迎えても、ペットと一緒にいたいという皆さまの思いを大切にして、こういったペット供養も扱っております。大切な家族の体の一部をずっと持っていたいとお思いでしたら、ぜひともその点についてしっかりとお申し付けください。ペット供養のスタッフもそれを大切にしてくれるでしょう。他には散骨という形で供養をする場合もあります。こちらも粉骨をしてからの供養となります。皆さまなりに、ペット供養をしてあげることが一番大切かと思いますので、ぜひとも皆さまがご希望されるペット供養をやってくれる業者をお探しください。そのために当サイトはご利用いただけますのでよろしくお願いいたします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175