ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > 大切な愛犬を火葬するための基礎知識

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

大切な愛犬を火葬するための基礎知識

わんちゃん

大切な愛犬が亡くなったときには、ペット葬儀を利用して火葬するという文化が定着しつつあります。とはいえ、愛犬を初めて出棺するときには、分からないことも沢山あると思います。今回は、少しでもいい形で愛犬とお別れができるように、ペット火葬の基本的な流れを紹介したいと思います。

現代では、愛犬を家族の一員として向かい入れるご家庭も多く、位置づけか変わってきたようです。そのため、お別れのときには深い悲しみに包まれますが、ペットを飼ううえで避けて通れない道となります。

お別れまでにやっておくこと

愛するペットに、飼い主が直接してあげられる最後のことです。お別れの前の準備は、飼い主の心を整理するための時間でもあります。ペットのため、自分のために丁寧に行いましょう。

やすらかに眠れるようにしてあげましょう

目や口が開いたままなくなってしまう子もいます。やさしく閉じ、耳、尻尾を整えてあげてください。優しくブラッシングして、毛並みも整えてあげてくださいね。

出てきた体液や排泄物を拭き取ってあげましょう

亡くなって死後硬直がはじまる前、頭部や身体の穴から体液や排泄物が出てくることがあります。筋肉や血液、肝臓の動きなどもすべてストップしますから、身体の中で処理できないものがあふれてきます。人間の場合も同じですよね。

人間と同じように脱脂綿などを詰めたりする必要はありませんが、体液が出てきたらきれいに拭いてあげてください。できれば清潔なタオルやガーゼの上へ寝かせてあげてくださいね。死後硬直がはじまるとおさまる場合がほとんどです。

死後硬直がはじまる前に

亡くなると、死後硬直がはじまります。ご家庭で飼われていることの多い犬や猫は普段から体温が高い分、死後硬直が早いと言われています。手足から身体、そして頭部の順で広がります。放っておくと完全に硬直してしまい、用意した棺や箱におさまらない可能性もありますので、亡くなったらできるだけ早く、肢を前の胸の方へ畳んで上げましょう。

腐敗の心配もありますので、夏場はエアコンを十分入れて保冷剤等をあててください。冬は逆に暖房やストーブを切りましょう。

余裕があれば祭壇も

お別れまでに過ごす1日は、言わばお通夜の日です。ダンボールや籠などに清潔なタオルやシーツを敷き、犬をおさめて、生前遊んでいたおもちゃも一緒に入れてあげてください。大好きだったおやつやごはん、お水も添えましょう。

基本的には人間と同じ、ろうそく、線香など焚きましょう。最期の夜、悲しむことだけにしてはペットも心配で天国に昇っていけないかもしれません。人間のお通夜はお酒や食事を楽しみながら故人の思い出を振り返りますよね。

楽しかったことや、犬の成長、思い出を家族や犬を大切にしてきた人たちと一緒に振り返ることも大切です。一緒に過ごせる最期の夜なので、大事に過ごせるといいですね。

愛犬の火葬方法と費用について

ペット火葬は主に個別火葬と合同火葬があります。火葬を行ってしまったあとで後悔することは絶対避けたいことです。

個別火葬

人気なのは立会ができる個別火葬です。火葬を見守り、骨拾いができるところもあります。業者に一任するのみの場合もあります。希望で後日遺骨を届けてくれるサービスが充実しているところもありますのでサービスの内容をよく確認してください。

遺骨は絶対に欲しいという方は、必ず個別火葬を選択しましょう。

合同火葬

遺骨を受け取ることはできませんが、個別火葬に比べて価格がおさえられます。値段の面だけではなく、1匹で天国に昇るのは寂しいからと希望される方も多いですよね。生前たくさんお友達がいたり、さみしがりやだったわんちゃんには、合同火葬もおすすめです。

サービスによって価格は変わってきます。最近は、最期まで十分に尽くしてあげたいという想いから、積立する方も多いそうです。それに伴い、サービスの内容も充実してきました。

愛犬の納骨や埋葬の方法

一般的にはペット霊園にお墓を置き、納骨・埋葬される場合が多いです。庭園の個別墓地もかなり増えてきました。

屋内であれば、棚やコインロッカータイプなどもあります。庭園に比べコストがかかりませんが、維持費や管理費がかかります。ペット霊園も人間と同じで形やサービスが広がり、充実してきました。将来的にご自分が入るお墓に納骨される方も増えてきているようです。

いずれにしても、せっかくお墓を作るのですからお墓参りに行ける距離に納骨・埋葬しましょう。愛犬が寂しがらないように会いに行ってあげてくださいね。

身近で供養することもできます

中には、遺骨を近くにおいておきたい・亡くなってからも傍にいたいという方や近くにペット霊園施設がなく、お墓参りに行けないのなら自宅に……という事情の方もいらっしゃると思います。

納骨はしないという方のためのメモリアルアグッズも増えてきました。

骨壷

様々な形、素材のものが出ています。生前の愛犬の雰囲気やイメージに合わせて選ぶのもいいかもしれません。中には防カビ、抗菌仕様のものもあるようです。

アクセサリー

ネックレスやストラップなど、身につけられるものも人気が高いと言われています。骨壷と同じように、カプセルの形や色、素材もたくさんあるので好みやイメージをよく考えながら、遺骨の大きさ(生前のペットの大きさ)に沿ったものを選んでください。

骨だけではなく、毛やヒゲなども一緒に入れておく方もいます。離れがたく遺しておきたいという自分の気持ちに寄り添うことも、重度のペットロスに陥らないことに大切のような気がします。

まとめ

わんちゃん2

ペット火葬、ペット葬儀に限らず、供養の形も多様化してきました。選択肢が多いとそれだけ悩むことも多くなってくると思います。どういう形にするのが一番なのか。人間のときも言われますがお葬式や供養は、残された人のためという面が大きいです。悩むこと、考えること、選択すること。

どれも大変で忙しく、悲しみに暮れる時間がない!というのは、実は大切なことなのかもしれません。いずれにせよご自分のために、悔いの残らない選択をしてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175