最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

家族の一員だったペット供養の方法

わんちゃん

家族の一員として何年も共に過ごしてきたペットが亡くなったとき、心にぽっかり穴が開いたような気分になるかもしれません。いつも一緒に居て癒してくれたペットのためにも、きちんと葬儀をして送り出してあげましょう。

今回は、ペットが亡くなったとき最初にすべきことから、葬儀方法、日々の供養の仕方までの一連の流れをご紹介します。

ペットが亡くなってしまいどうしたらよいかわからない方や、日々の供養でいつまでもペットを心から大切にしたいという方の参考になればと思います。


ペットが亡くなったとき、まずどうする?

いつも一緒に過ごしてきたペットが亡くなったら、とても悲しくて次のことが考えられない、という方もいらっしゃるかと思います。

その際は、愛するペットが心地よく天国に行けるよう亡くなった後はきちんとペットの体をきれいにしてあげましょう。ペットが亡くなるとすぐにおよそ2時間以内に死後硬直が始まります。硬直して手足が伸びきってしまうと、棺に入らないなどの問題が生じてしまいます。

ペットの大きさや天気、季節などによっても硬直のスピードは変わりますが、早めの対応が必要です。できるだけ体が硬直する前に整えてあげましょう。目や口が開いている場合は、閉じてあげてください。体が伸びきってしまう前に、手や足を自然な状態に曲げておき窮屈な思いをしないように処置することが大切です。

また、硬直後しばらくすると体が緩んでしまい、体液が出てしまうことがあります。そのため鼻や口、お尻などの穴はガーゼで塞ぐようにして、遺体の下にバスタオルやシートを敷いておきましょう。

その際ペットの遺体はきれいに拭いてあげなければなりません。このとき注意していただきたいのは、堅く絞ったタオルで体を拭くということです。水をたくさん含んだタオルだと、体が腐りやすくなってしまいます。

ペットを安置している部屋は冷やしておくことも大切です。室内の温度が高いと体が腐りやすくなってしまうため、部屋が寒いと感じるくらいにエアコンを使って冷やしましょう。

そのための対策として、ペットに直接保冷剤をいくつか当てて冷やしてあげるのも一緒に行うのがおすすめです。このとき、腐敗が進みやすい頭やお腹を重点的に冷やしてあげるのがいいでしょう。遺体を火葬してしまうと、もう二度とペットを直接見ることはできません。

ペットの遺体をきちんと整えて、ご家族みなさまで最後まで見守ってあげることが大切です。見守っている最中にも、ご家族でペットとの思い出を語り合うのもよいでしょう。

ペットの葬儀方法

お参り

ペットが亡くなった後、住んでいる自治体の施設へ遺体を持ち込むという手段もありますが、あまり細かいサービスを受けることはできないでしょう。なぜなら、ペットの遺体というのは、基本的には一般廃棄物扱いだからです。

「飼い主として、我が子のように可愛がってきたペットを大切に送り出したい」という希望をお持ちの方は、葬儀をきちんと行う必要があります。

具体的にどのような方法で葬儀が行われるのかを見ていきましょう。

・火葬

ペットの葬儀は、人間の場合と同じで火葬が一般的です。動物には宗教はないので、読経などは、ご家族みなさまで相談してどうするか考えるのがいいでしょう。我が子のように可愛がっていたペットを最後に人間と同じように送り出してあげたい、という方には有効な手段と言えます。

・合同供養

火葬後に遺骨を拾い上げて、他のペットと一緒に埋葬する方法です。合同供養は、個別墓地や納骨堂と比べると比較的安価で埋葬できます。

他のペットと一緒に埋葬することで、ペットが寂しくならないようにと合同供養を選ばれる方もいます。

・その他の方法

他には、火葬後遺骨を自然に還す方法を選ばれる方もいます。海や山、樹木に還すことで自然の中でペットを感じられるというメリットがあります。山や海、樹木を見て大切なペットとの良い思い出を長く感じられるでしょう。

遺骨の場所をとらないことや埋葬に費用がかからないという点でもメリットがあるため、散骨も一つの有効な埋葬手段です。 注意しなければならない点もあります。それは、散骨の際は遺骨を細かいパウダー状にしなければならないことです。遺骨を粉砕することに抵抗がある方は、業者にまかせるのがいいでしょう。また、散骨の際にトラブルが生じないように近隣に配慮する必要があります。

散骨するときに周りに民家などがある場合は、遺骨が飛んで行かないよう注意が必要です。

大切なペットをいつまでも心に…毎日の供養の仕方

自宅での供養のときには、ペット用の小さな仏壇を利用して骨壺や写真、プリザーブドフラワーなどを飾っておくのが有効です。プリザーブドフラワーを使えば、造花よりも繊細で美しく、枯れることもないため管理が楽になります。

ペットをいつまでも大切な思い出として残しておくために、写真や骨壺、プリザーブドフラワーの掃除はこまめにやるようにして、綺麗な状態を保つようにする必要があります。

骨壺を家に置いておくことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、骨壺を自宅に置いておくのは基本的に問題ありません。

保管場所にお困りの方は、遺骨をパウダー状にして少し小さめの骨壺に変えてみるのもいいでしょう。

形式にとらわれるのではなく、大切にしていたペットとご家族みなさまにとって、どうやって供養するのが一番よいかをじっくり考えることが大切です。

ペットを思い続けるための供養グッズ

花瓶

遺骨を保管するための物としては骨壺が一般的ですが、最近では装飾品として身に着けることも可能となりました。ペットに対する気持ちの整理が難しい方も安心できる方法と言えます。

装飾品としては、以下のようなものが挙げられます。

・ペンダント

最近のペンダントはデザインが凝っており、ハート型やしずく型のものや刻印できるもの、防水タイプのものなど様々あります。ピンクや水色など色も選べるタイプもあるため、お気に入りのペンダントが見つかるはずです。

その中にペットの遺骨を少しだけ入れておくと、いつも近くにペットがいるような気持ちになれるので安心するのではないでしょうか。

・キーホルダー

最近のペンダントはデザインが凝っており、ハート型やしずく型のものや刻印できるもの、防水タイプのものなど様々あります。

ピンクや水色など色も選べるタイプもあるため、お気に入りのペンダントが見つかるはずです。普段アクセサリーを身に着ける習慣がない方は、キーホルダーにして鞄につけておくのもいいですし、玄関などいつも通るところにかけておくのも有効です。

一番自分自身が良いと思うところに手軽にかけておけるのがキーホルダーの魅力です。なかには防水仕様や錆びにくい素材で作られているものもあるため、長期間遺骨を保存することも可能です。

まとめ

ペットのご家族が、みなさまでどうやって葬儀を行い供養するかをじっくり考えて最善の方法を選ぶことが大切です。

亡くなった悲しみからすぐに切り替えることは難しいですが、お別れの方法について悩んだり、ペットのことを思い返したりすることがペットのためにもなります。

大切なペットの遺体をどうすればよいかわからない方は、ペット葬儀のスタッフに電話してみるのもよいでしょう。葬儀の流れやプラン、サービス、霊園について相談することも可能です。

また、寺院が主催している霊園もあるため、場所へのこだわりがあれば問い合わせてみるのもよいでしょう。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?