ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペット火葬でトラブルが起きる原因と対策方法

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペット火葬でトラブルが起きる原因と対策方法

ペット火葬でトラブルが起きる原因と対策方法

 

長い間ペットと一緒に暮らしていると、お互いの成長と共にさまざまな思い出ができていきます。飼い主にとっては大切な家族の一員。だからこそ、ペットが亡くなったときは丁寧に供養してあげたいものです。

 

しかし、そんな気持ちを利用して悪質なサービスをおこなうペット霊園や火葬業者がいるのです。トラブルに巻き込まれてさらに悲しい思いをしないためにも、きちんと信頼できる業者を探すことが重要になります。今回は、ペット火葬のよくあるトラブルとその対策方法についてご紹介いたします。

 

 

ペット葬儀が利用されるようになった背景

最近増えてきたペット葬儀の利用。以前は、ペットが亡くなったら自分で埋葬をするか、焼却場に持っていくことが一般的でした。もし埋葬ができない場合は他の動物と一緒に焼却しなければなりません。しかし、家族の一員として大切なペットを、そのような形で「処分」するのは、飼い主にとって寂しくつらいものです。

 

そこで誕生したのがペット葬儀です。火葬から納骨までをおこなうペット葬儀は、最後まで「家族の一員」として見送ることができるため、利用する方が増えていきました。ペット葬儀の中にもさまざまな種類やサービスがあるため、利用する際にはどのようなスタイルがよいか考えて選びましょう。葬儀の種類としては以下の4種類があります。

 

合同葬

僧侶がお経を上げ、お葬式が終わった後に合同で火葬をおこないます。個別での火葬ではないため、納骨方法の選択や、遺骨の持ち帰りは不可能です。

 

個別葬

上記同様にお葬式をおこない、終了後は個別の火葬になります。

 

立ち会い葬

内容は個別葬とほぼ同じですが、希望に応じて自らペットのお骨上げをすることができます。家族と一緒にお骨上げができるため人気が高いスタイルです。

 

自宅葬

移動式の火葬車が自宅まで出張してくれます。一緒に生活していた場所で火葬することができるため人気が高いですが、業者によってはきちんと設備を整えていないところもあるため、選ぶ際には注意が必要です。

 

ペット火葬でトラブルが起きる原因

ペット火葬でトラブルが起きる原因

 

ペット火葬の人気の高まりと共に問題になっているのが、民間のペット火葬業者やペット霊園とのトラブルです。人の葬儀とは違い、ペット葬儀については法律で規制されている範囲が曖昧になっています。

 

民間のペット火葬業者やペット霊園は、役所の許可や登録がない状態でも運営することができるのです。そのため、お金儲けを目的とした悪徳業者が増えやすく、火葬場付近の住民とのトラブルも多くなってしまうのです。

 

インターネット上でペットの火葬について調べると、たくさんの霊園や業者が出てきます。ペットが亡くなってしまった悲しみや「すぐに弔ってあげたい」という気持ちから、急いで業者を選んでしまいがちですが、そんなときこそ冷静になることが大切です。

 

ペットの遺体は、日陰の涼しい場所に保管しておけば2日ほどは状態を保つことができると言われています。また、夏場であれば保冷剤をタオルに包んで首や腹部に当てておくことで、損傷が進むのを遅らせることができます。

 

まずは落ち着いて、信頼できる業者を探しましょう。かかりつけの動物病院に連絡しておすすめの場所を聞いてみたり、ホームページをしっかりとチェックしたりすることで、トラブルを回避し、丁寧に供養してくれる業者を見つけやすくなります。最後の時間を大切にするために、生前から業者を探しておくのもおすすめです。

 

ペット火葬でよくあるトラブル

ペット火葬でのトラブルは、業者の対応の悪さや高額請求といった悪質なものがあります。悪徳業者に引っかからないよう、よくあるトラブルのパターンを把握しておきましょう。

 

理不尽な高額請求

大事なペットが亡くなったら、急いで火葬業者に連絡することでしょう。しかし、その中に悪徳業者が混ざっていることがあるのです。家族の一員であるペットは、人と同じように丁寧に見送ってあげたいと思う人が多いでしょう。その気持ちを利用して、どんどんオプションを加えるなどして高額な金額を請求するのです。

 

もし断ろうとすると「火葬を中断する」、「遺骨を返さない」など、脅しにも近いことを言われる場合もあります。大事なペットの火葬のため、依頼した飼い主は仕方なく金額を支払うことになってしまいます。

 

不適切な処分

業者が火葬の手間を減らすために、遺体の多くを山に捨ててしまう…。合同火葬でよく起こるのがこのケースです。飼い主に遺骨を返すために一部は火葬しますが、実際に受け取ったものが自分のペットなのか判断するのは至難の業。この場合は自分のペットとは明らかに違う大きさの骨が返ってきたり、一緒に火葬した首輪の色が違ったりすることで発覚します。

 

火葬内容の違い

火葬のプランを決めて金額を提示した後に、プラン内容とは違う対応をされた。返ってきたペットの遺骨の大きさが明らかに違うものだった、または遺骨自体を返してもらえなかったというケースもあります。

 

トラブルを回避するために有効な対策は

トラブルを回避するために有効な対策は

 

上記のようなトラブルを回避し、安心してペット火葬をおこなうにはどうしたらよいのでしょうか。まず、業者によってサービスの内容や対応の仕方が異なることを理解しておくことが大切です。

 

選ぶ基準としては、サービス内容・金額・立地などがあります。ホームページを見る際はサービス内容や金額だけで判断せず、業者の住所や連絡先がきちんと載っているか、どれくらい実績があるのかをチェックしておきましょう。

 

もし会社の住所や火葬場所が載っていない場合は注意が必要です。過去実績がない、または浅い業者の場合は、火葬時に出る煙や臭いなどの問題で周辺の住民ともめていたり、火葬の仕方も雑だったりすることもあるので、実績の長い業者やペット霊園を選ぶようにしたほうが無難です。

 

他にも、インターネット上の口コミを参考にしておくと、有用な情報が得られることもあります。事前にしっかりと情報を集めて、「信用できる」と判断してから、火葬の仕方やサービスの金額、追加費用の有無、遺骨の受け取りなどについて確認するとよいでしょう。

 

担当者から説明を聞いている段階で違和感があったら、一度冷静になって考えてみる必要があります。急いで契約書に同意してしまい理不尽な請求をされないように注意しましょう。

 

まとめ

ペットを飼っている以上、いつかは別れのときが来てしまいます。大切な家族の一員が亡くなるのは、とてもつらく悲しいこと。最近はペット葬儀を終えた後に、ペット専用のお墓に入れて供養をする人も増えています。

 

人とペットの関係がますます強くなる一方で、その気持ちを利用した悪質なペット霊園や悪徳業者も存在します。今回ご紹介したようなペット葬儀のトラブルを回避し、安心して見送るためにも、事前にしっかりと情報を調べておきましょう。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175