最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

知人のペットの訃報になんて言うべき? 言葉遣いのマナー決定版

知人のペットの訃報になんて言うべき? 言葉遣いのマナー決定版

 

お知り合いのペットが亡くなったことを知らされたとき、どのような言葉をかけてあげますか?ペットの死は飼い主さんにとって、大切な家族を一人うしなったのと同じ。心には大きな傷を負い、深い悲しみに打ちひしがれています。そんなとき、他人の言葉は飼い主さんの心を明るくすることもできる一方、より深く傷をつけてしまうこともあるのです。

 

そんなときにどのような言葉をかけるといいか、どのような言葉は避けるべきか、ペットを亡くした飼い主さんへの接し方をご紹介します。どのようなことに気を付けるべきかを知って話すことによって、あなたとの会話の中で少しでも元気を取り戻してくれるかもしれません。

 

 

お悔みの言葉をかけるタイミングや注意点

お悔みの言葉をかけるタイミングや注意点

 

お知り合いのペットが亡くなったと知ったとき、どのような言葉をかけてあげるのが一番よいのでしょうか?愛犬など大切なペットは飼い主さんにとって家族そのもの。亡くなったときの悲しみは、まさに家族をひとり亡くしたときのように沈み、傷ついています。

 

そんなとき、周囲の人が気を付けるべき言葉のマナーがあるのです。打ち沈んで傷つきやすい飼い主さんにたいして、いつ、どんな言葉をかけるのがいいのか、注意点をご紹介します。

 

できるかぎり早く温かい言葉を

お知り合いからペットの訃報を知らされたときは、できる限り早くお悔やみの言葉をかけてあげましょう。このとき大切なのは、「相手の悲しみに共感する」ということです。

 

大きな悲しみに沈んでいるときは、正論で理詰めにするよりも、ただ相手の言葉にうなずき理解を示してあげる方が、相手にとっての安心につながります。簡単な言葉でかまわないので、相手の悲しみを受け止めてあげるようなあたたかい言葉をかけましょう。

 

気づくのが遅くなっても慌てずに

忙しい日々を送っていたりして、知人のペットの訃報に気づくのがおそくなることもあるかもしれません。そんなときも、慌てたり見過ごしたりせずに、気づくのが遅くなったことを謝罪し、相手の状況を受け止めてあげましょう。

 

重要なのは「私はあなたの悲しみを受け止めます、あなたの気持ちを大切にしています」という意思を伝えることです。 悲しみを共有してくれる人の存在を感じると、きっと相手もいくらか安らいでくれるでしょう。

 

かけてあげると喜ばれやすいお悔みの言葉

 

かけてあげると喜ばれやすいお悔みの言葉

深く落ち込んでいる飼い主さんへかけてあげると、悲しみがいくらか軽くなる。そんな言葉をかけるには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。飼い主さんを傷つけないよう、相手のこころを明るくできる言葉づかいについて見ていきましょう。

 

飼主さんの気持ちを考えて言葉をかけてあげましょう

基本として大切なのは、「飼い主さんの気持ちを考えて言葉を選ぶ」ということです。伝え方を考えずに不用意にものを言うと、いくら自分に弔いの気持ちがあったとしても、相手の心に深い傷を生んでしまうこともあるのです。

 

「自分の気持ちを自分の伝えたいように伝える」というよりは、「どのように言えば相手が傷つかずに自分の気持ちが伝わるか」という視点で、使う言葉を少し工夫しましょう。どのような言葉をかけてあげるといいかは、シチュエーション別に少しずつ異なります。次で詳しく見ていきましょう。

 

病死の場合

ペットの死因が病気だった場合は、「飼い主さんをねぎらいながら言葉をかける」と効果的です。

・飼主さんの気持ち

死因が病気だということは、飼い主さんも以前からそれを知っていた可能性が高いです。時間をかけて通院したり、毎日薬を飲ませたりしながら、常にペットの健康を気にかけて毎日過ごしていたことでしょう。

ペットの体調が悪くなるにつれ最期の時を覚悟する心構えを整えても、いざ本当に死と直面すると、覚悟もままならず大きく傷ついてしまうものです。

 

・かけてあげたいお悔みの言葉   

この場合は「飼い主さんの看病の努力をねぎらう」ということがポイントです。

「ご家族にやさしく看病してもらったから、病気になっても〇歳まで生きられたんだね」「大好きな家族が最期まで自分に寄り添ってくれて、きっと幸せだったんじゃないかな」このような言葉をかけると、飼い主さんの努力と愛情の両面への理解・共感のあらわれとして、相手の悲しみをほぐすことにつながるはずです。

 

予期せぬ事情(事故・突然死)で亡くなった場合

人間と同様、ペットも突然亡くなってしまうことがあります。交通事故や突然死、家の外で自由に放し飼いにしているネコなどの場合は、確実な死因さえわからない場合もあるかもしれません。

 

・飼主さんの気持ち

交通事故でペットを亡くしたとき、飼い主さんは、「自分がちゃんと見ていれば防げたかもしれない」「自分がしっかりしていなかったせいで助けられなかった」と、罪悪感に取りつかれている場合が多いです。

 

また、突然死や野外での死亡などでも、「日頃もっとよく見ていてあげてたら防げたかもしれない」などと思いがちです。死因がわからない場合はとくに、正確な悲しみのやり場が見つからず、自分自身を責める方向へ気持ちが向いてしまうことも多いです。

 

・かけてあげたいお悔みの言葉

罪悪感に悩んでいる相手へ励ましの言葉をかけるのは少し難しいですが、ここはやさしくあたたかい言葉を送りましょう。「〇〇ちゃんとの思い出はかけがえのない宝物ですね」「〇〇ちゃんのご冥福をお祈りしています」など、飼い主さんをそっと支えるようなやわらかい励ましや、ペットの死後の幸せを想像させる言葉などがいいかもしれません。

 

自然死(寿命・老衰)の場合

ペットが寿命や老衰でなくなった場合、人によっては「しあわせな死」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、飼い主さんはその言い分を理解できても、こころは依然深い悲しみにとらわれて、なかなか明るい方向へ意識を向けることができないことも多いです。

 

・飼主さんの気持ち

ペットとともに過ごしてきた長年のあいだに、寿命がいつか来るとは理解していても、こころが追いついてこない。病気はなかったけど…と、ポジティブな面を探そうと思えば見つけられるけれど、それを支えに立ち直れるほど振り切れるわけではなく、長年連れ添ってきただけに離別がとても悲しい。飼い主さんはそんな気持ちになって、寂しさにさいなまれていることでしょう。

 

・かけてあげたいお悔みの言葉

「こんなに長いこと大好きなあなたと一緒にいられて幸せだったよね」「長年大切にしてもらえてすごくうれしかったと思うよ」など、何年も一緒にいた家族だからこそ救われるような言葉を送りましょう。ペットと過ごした長い年月のなかの多くの幸せを思い出して、前向きな気持ちになってもらえるかもしれません。

 

こんな言葉は飼主さんを傷つける

こんな言葉は飼主さんを傷つける

 

ペットと死別した飼い主さんにやさしい言葉をかけるのも大切ですが、飼い主さんの心を支えるうえでは「言葉で相手の心を傷つけない」というのもとても重要です。軽率な言葉を使うと、無意識のうちに相手の心に追い打ちをかけることにもなりかねません。つぎのような言葉は使わないように注意しましょう。

 

「もっとちゃんと見てあげてたらよかったのに」など『叱責』

これは、大切な存在を亡くした相手に一番言ってはいけない言葉です。死は必ずやってきて、一度通り過ぎたら決して取り返しがつかないものです。それが起こったあとで「あなたの努力不足が原因だ」と言われたら、やるせなさと罪悪感がいっそう深まり、とても深く傷ついてしまいます。

 

死にゆくペットにたいして飼い主さんは精いっぱい頑張ったのだということを認め、後悔と罪悪感を深めるような言葉はかけないようにしましょう。

 

「かならずいつか死ぬ」「しょせんペットだよ」「いつまで落ち込んでるの」など『達観』

叱責と同様、達観は共感性とは別方向のものです。 あまりにもドライな言葉をかけられると、相手は「私の悲しみは取るにたらない、無価値なものなのか」と感じて、心を閉ざしてしまいます。たしかに間違ったことは言っていないのかもしれませんが、その冷静さが、相手の気持ちを軽んじるような働きをもつことも少なくないのです。

 

傷つき弱っている相手が差し迫って求めているのは、「現実を諭してくれる相手」ではなく「自分の気持ちを理解し受け止めてくれる相手」です。現実をつきつけることで相手を傷つける場合もあるのだということをしっかりと心にとめ、相手の気持ちに寄り添ってあげましょう。

 

「新しい犬を飼えばいい」など『替えを連想させる言葉』

前述したように、飼い主さんの悲しみは、「家族が死んでしまった」ことによるものです。他の人には「たくさんの動物の中の1匹」にしかすぎないように思えても、飼い主さんにとってはけっして替えの効かない大切な家族なのです。自分にとってかけがえのない家族を失ったときの悲しい気持ちを大切にしてあげましょう。

 

「かわいそう」など『ペットの不幸を表す言葉』

「かわいそうに」というと、いかにも相手の悲しみに共感しているように見えます。しかし、この場合に「かわいそう」という言葉を使ってしまうと、飼い主は「あの子はかわいそうだった=あの子をかわいそうな目にあわせてしまった」という自己嫌悪に陥りかねません。

 

家族を亡くした人がすっかり弱ってしまうのと同様に、ペットを亡くした飼い主もとても繊細な心を抱えています。いつも以上に気を配って、一見励ましのように見えても、傷つける可能性がある言葉は控えるようにしましょう。

 

メールやラインを使うときの注意点

最近はSNSなどが普及したこともあって、メールやLINEで訃報を受け取ることもあるかもしれません。その場合には、『軽率なテンションで返事をしない』ということに注意しましょう。

 

たとえ相手が絵文字などを使ってメッセージを送ってきたとしても、もしかしたらそれはあなたへの気遣いからかもしれません。相手のノリがどのようなものでも「大切な家族が他界している」という事実は変わりませんから、それにふさわしい印象の返事が好ましいです。普段の友人同士の雰囲気で会話を続けるのではなく、いくらか慎重になったほうがいいでしょう。

 

ペットロスの人にかけてあげる言葉

ペットロスの人にかけてあげる言葉

 

ペットロス症候群とは、ペットと離別したことによって心身になにかの異変が現れる場合のことをいいます。ペットと死別したときは誰でも悲しいと思いますが、人によってショックの差はあることでしょう。そのショックがとくべつ大きい人のことと考えると良いかもしれません。

 

ペットロスになった相手には、安直な励ましが逆効果になることもあります。「頑張って」「元気出して」「落ち込まないで」など、声をかけるほうは励ましているつもりの言葉が、相手を追い詰めてしまうことがあるのです。

 

ペットロスで大きな苦しみを抱えている人には、こちらの言い分を相手に聞かせるというよりも、「相手の気持ちをこちらが受け止める」という意識で接するといいでしょう。

 

相手の話をよくきき、相槌やうなずきで会話を肯定しながら、相手の気持ちに寄り添ってあげることが大切です。励ましや慰めよりも、共感を求めているということを意識して、相手を心から受け止めてあげるようにしましょう。

 

言葉以外の方法も、贈り物で気持ちを伝える

ペットの死に大きなショックを受けている相手へ、プレゼントで励ましの気持ちを伝える手もあります。一般的なのは花束です。フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーも喜ばれます。

 

そのほかにも、

  • ・お手紙
  • ・自分で撮影したなかにペットと飼い主の写真があれば、それを現像して渡す
  • ・オーダーメイドの写真入りグッズ
  • ・キャンドルやお線香

 

プレゼントを贈ることで、飼い主さんにも弔いの気持ちが伝わり、自分の悲しみを分かち合おうとしてくれる人がいるのだと思ってもらえます。悲しみに暮れていても独りではないのだということを感じさせてあげることで、いくらか安心してもらえるかもしれません。

 

まとめ

ペットが亡くなると、そのペットと過ごした期間が長ければそれだけ、飼い主さんは心に深く傷を負います。その傷を少しでも癒してあげるためには、贈り物や言葉といった、「他人から受け取るもの」がいい作用をすることも多いです。

 

しかし、言葉は相手の心を明るくすることができる反面、深い傷を与えることもあります。ペットを亡くして打ち沈んでいる相手には、「相手の心を認め、うけとめる」ということに重点を置き、安心して相談できるようなあたたかい言葉としぐさで、心に寄り添ってあげましょう。

0120-220-175
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?