ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペットのお墓と供養のかたち。ペットロス克服の方法とは?

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペットのお墓と供養のかたち。ペットロス克服の方法とは?

ペットのお墓と供養のかたち。ペットロス克服にも効果的な方法は?

ペットを亡くすと自分の一部が欠けたようにつらく、深く長い苦痛を感じる人が多いのではないでしょうか。それだけに、家族の一員であるペットの供養は飼い主の心が最も癒やされる方法を選ぶことが大切です。

 

最近は従来の火葬のみの供養ではなく、希望の場所への散骨や、人とほぼ同じ形式のお墓を作る、自宅にアート性のある供養セットを置くなど、さまざまな弔い方があります。そういった中から自分が本当に求めているかたちを見つけ出すことで、ペットへの思いを大切にしながら少しずつ心を整理していくことにも繋がります。

 

いつも一緒にいた家族だからこそ、心から納得のいく供養をしてあげたいと願う方は多いでしょう。今回は、そんな飼い主の皆さんに役立てていただきたい情報をお伝えします。

 

ペットのお墓には、さまざまな選択肢があります

ペットが従来の「飼う」という位置づけから、「一緒に暮らす家族」という存在として扱われるようになって久しい現在。

 

小さな家族を失う飼い主の悲しみは、時代とともに大きく深まる傾向にあり、ペットロスという言葉も広く知られるようになりました。それと同時に、従来は合同火葬が中心だったペットの供養は、今とても多くの選択肢の中から選ぶことができる時代になっています。

 

飼い主の気持ちや多様な生活スタイルに沿って、供養の方法が増えています

「家族のお墓に一緒に入れて、きちんと法要を続けて弔いたい」、「毎日会えるように自宅にメモリアルスペースを設けたい」、「自然に帰してあげて、どこにいても存在を感じられるようにしたい」…など、飼い主の価値観や生活スタイルごとに、理想のかたちはさまざまでしょう。

 

冒頭でも触れましたが、現在は合同供養墓に納骨するといった一般的な形式の他に、下記のように多種多様な供養のスタイルがあります。

 

  • ・ガラスや天然石などで、ベランダや室内に設置できる小さなメモリアルストーンを作る
  • ・アート性の高い骨壺に遺骨を納め、リビングなどに飾る
  • ・電子アート(タブレットにペットの写真や動画を表示)を設置して弔う
  • ・遺灰や遺骨をアクセサリーの中に納めて身に着ける
  • ・自然豊かな思い出の場所などに散骨する

 

この他にもまた、今後新しい供養のかたちは日々増えていくのではないでしょうか。

ぜひじっくりと向き合って、自分とペットにぴったりな方法を選んでみてください。

 

スペースの問題や気持ちの整理から、お骨を手放すことを決める人も…

多様なかたちでの供養が可能となった今、一度は供養を済ませたものの、別のかたちでの弔い方を願うようになる方も少なくないようです。月日がたてば気持ちが整理されたり、生活や居住環境が変化するなどして、それまでのかたちでは維持が難しくなることもあります。

 

そういった場合にも、手元供養から改めて家族のお墓に収める、または通えなくなってしまったペット霊園から手元供養に変えるなど、選ぶ方法は自由です。心がつかえることのないよう、その時々で納得できる供養を選べるということは、ペットと飼い主にとって何よりの安らぎに繋がるのではないでしょうか。

 

 

ペットが亡くなったら行うことは?

ペットが亡くなったら行うことは?

 

大切なペットを失ってすぐに現実的なことを考えるのは、とても難しいことです。しかし、そんな自分と向き合いながら今ペットにしてあげられることを考え、行動していくことで救われていく面もあります。

 

ペットロスを乗り越えるために

ペットの死を受け入れるには、人が亡くなった時と同じようなグリーフケアが必要になることも少なくありません。

今のつらい気持ちは、自分だけでなく多くの飼い主が陥るものだと知ること、そしてペットロスの症状への知識を持つことは、悲しみを受け入れて心を整理するための一助にもなります。時には誰かに気持ちを受け止めてもらい、助けを受け入れることも必要かもしれません。

 

そして体が動かせるようになってきたら、少しずつ無理のない範囲で、ペットに関わる日用品や愛用品などの整理に着手してみてください。心が痛む作業ですが、ペットが亡くなる前の環境に身を置いたままでいるといつまでも死を受け入れることができません。

 

整理できずにいると愛用品のそばにペットの面影を追ってしまい、気づけば深刻なうつ状態に陥っていたというケースも多いのです。

 

整理と同時に、できれば同じペットを飼っている人や近い境遇の人などに、今の思いを聞いてもらうことも大きな救いに繋がります。

 

何か1つでも十分ですので、少しずつ今できる1歩を踏み出してみましょう。

 

死亡手続きが必要な場合

例えば、亡くなったペットが市に登録している愛犬であった場合は、死亡手続きが必要になります。死亡から30日以内に保健所に届け出を提出し、登録を抹消することで次回の狂犬病注射の督促状などをストップさせます。手続き方法と提出物は各自治体によって定められていますので、一度調べてから行うとよいでしょう。

 

 

代表的なペットの供養方法

代表的なペットの供養方法

 

供養の選択肢が増えた分、かえってどんな形式にしようか迷う人も少なくないです。そういった場合は、従来の一般的な方法に従って決めていくことで不安が解消できるかもしれません。

 

供養塔や納骨堂に遺骨を収める

ペットの供養のかたちとして最も一般的なのは、遺骨を供養塔や納骨堂に安置する方法です。火葬から納骨までを一貫して任せることができる場合が多く、場所もお寺や斎場ですので最も安心感のある供養方法であると言えます。

 

火葬後すぐに納骨するか、一度遺灰を持ち帰り四十九日の法要後に納骨するかを選ぶことができる場合もあるようです。

 

納骨用の空間はそれぞれ仕切られており、骨壺、写真、愛用品などを供えることができ、僧侶による読経供養が毎朝行われることもあります。

 

他のペット達との合同火葬の場合は、同じ火葬炉に入ったペット全員の骨が一つの骨壺に納められ、合同霊座に安置されるのが一般的です。この形式は納骨から一年以降は供養塔に埋葬され永代供養されるため、更新料は発生しません。

 

お墓を建てる

たくさんのペットと共同での供養になるかたちではなく、お墓に埋葬するという方法も今多く選ばれています。お墓の維持には継続的な費用と手入れが必要になりますが、緑あふれる敷地内に身内と一緒に供養できることは、飼い主の大きな癒しになるようです。

 

人間と同じ形式の墓石や、ペットの姿をかたどった墓石などを選ぶこともでき、より思い入れの深い供養が可能です。

 

自宅で手元供養する

「手元供養セット」といったかたちで、ペットの仏具一式が販売されています。さまざまなアイテムがありすぎて決めかねる場合には、そういったセットを購入すれば不安なく自宅での供養をはじめられるのではないでしょうか。

 

まとめ

ペット供養のかたちは近年ますます自由な広がりを見せており、飼い主の希望のスタイルを無理のない予算で選ぶことが可能な時代になりました。

 

自分の気持ちに沿った形式で供養をしていくことは、ペットの死と向き合い悲しみを克服していく大きな助けにもなります。また、居住環境や生活の変化に合わせて、供養のスタイルを変えていくことも可能です。

 

どんなお墓でも、どんな供養の方法でも、飼い主のペットへの思いは伝わりますし、自分らしい供養をすることでペットとの絆や愛情をより良いかたちに残すことができるでしょう。自分の気持ち、ペットへの思いを尊重しながら、最良の供養のかたちを選んでみてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175