ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > プランター葬でペットを埋葬する方法とは?注意点と必要な情報まとめ

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

プランター葬でペットを埋葬する方法とは?注意点と必要な情報まとめ

プランター葬でペットを埋葬する方法とは?注意点と必要な情報まとめ

愛するペットが亡くなってしまったとき、あなたはどのようにしてペットとお別れしますか?ペットの共同供養をされるかたも多いとは思われますが、皆さんはプランター葬という埋葬の仕方をご存じでしょうか?

プランター葬は手軽に葬儀を行うことができ、亡くなったあとも愛するペットを身近に感じることができる葬儀のことです。今回は、そんなプランター葬について紹介します。そろそろペットが年老いてきて、葬儀のことを考えなくてはと思っているかたは必見です。

プランター葬とはどんな埋葬方法でしょうか?

「そもそも、プランター葬とはどういった葬儀なの?」「自分が飼っているペットはプランター葬ができるの?」と思う方もいるかもしれません。この項目では、プランター葬についての基本的な情報をまとめてみました。

プランター葬とは?

その名のとおり、プランターを使用して土葬を行うペット用の葬儀です。マンションなどに住んでいて自宅に庭がなく、ペットの遺体を埋葬できないかたにおすすめする方法です。

ペットを火葬したくないかたや、動物霊園でほかのペットと埋葬するのが嫌なかたにもおすすめです。

どんなペットならOK?

ハムスター・ハリネズミ・リスザル・インコなどの小動物ならプランター葬をすることが可能です。あまりに大きな動物だと、対応できるプランターが見つからなかったり骨が自然に還るのに時間がかかったりしてしまいます。

プランター葬のメリットは?

プランター葬のメリットは、庭がなくても葬儀ができるほかに、さまざまなメリットがあります。

  • 持ち運びができるので、引っ越しするときも次の家に運べる
  • 必要な物さえそろえば、簡単に埋葬できる
  • 家にペットの亡骸があるので、身近に感じることができる

一番のメリットは、ペットの亡骸をそばに置けるという点でしょう。ペットを飼っていらっしゃるかたの中には、子供あるいはそれ以上の存在だと思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか。そんな存在なら、自分のそばに置いておきたい気持ちも出てきますよね。

プランター葬のやりかた

プランター葬のやりかた

自分もプランター葬をやってみたいけど、どうすればいいのかわからない!というかたのために、この項目では、プランター葬に必要な物や手順を紹介します。

どんなプランターを準備するべきか

まず、プランターの大きさですが、ハムスターやインコなど小さな動物だと小さなプランターでも大丈夫です。しかし、うさぎやフェレットなどは大きなプランターを選ぶことをおすすめします。なるべく深いものがよいでしょう。

また、プラスチック製のプランターだと短期間で壊れてしまうおそれや通気性があまりよくないというデメリットがあるので、陶磁器をおすすめします。

プランター以外に必要な物としては、土とプランター用の受け皿です。土は腐葉土がよいとされています。また、底に穴があるプランターの場合は、底に敷いておくネットも用意しましょう。

プランター葬の手順

  1. プランターの底に穴がある場合は、ネットを敷いて土の流出を防ぎましょう。
  2. プランターに10cmくらい、土を敷きます。
  3. 敷いた土の上に、ペットの亡骸を置きます。

    この際、土の上にガーゼや木の葉っぱを敷いてもよいですが、ペット全体をくるんでしまうと土に還るのが遅くなってしまいます。

  4. ペットの上に、土をかぶせます。

プランター葬の注意点

プランター葬は手軽にでき、いつでもペットを身近に置いておけるというメリットがありますが、気を付けなければいけない点がいくつかあります。

虫やニオイが発生する

プランター葬で多いとされるトラブルです。小さい白い虫やコバエが湧くことが多いといわれています。日当たりや風通しの悪い場所に置いておくことが、虫が湧く原因とされています。

虫と同じく、多いトラブルとされているのがニオイです。プランターが小さすぎてかぶせる土が浅すぎるなどの理由で起きてしまうトラブルです。

骨にならない可能性がある

ペットの大きさによっても骨になる年数が変わりますが、土葬したペットの亡骸はすぐに骨にはなりません。土に埋めたペットが5年たっても骨にならず、掘り返してみるとミイラになってしまったというケースもあります。

骨になるのが遅くなる理由としては、土の中では空気が遮断されて腐敗の進行が遅くなることと、プランター葬の土は普通の土葬と違い土が少ないので、微生物の数も必然と少なくなることで亡骸の分解が遅くなってしまうからです。

土に還るまでの期間はどれくらい?

土に還るまでの期間はどれくらい?

プランター葬でペットの亡骸を埋めた際、土に還るまでは10年くらいはかかりますが、骨まで土に還るとなると、20~30年という年月がかかることもあります。

腐敗が遅くなることで体が土に還ることが遅くなります。体が土に還って骨になったとしても、その骨が土に還るまでにまた長い時間がかかってしまうでしょう。

プランターにお花を植えてもよい?

プランター葬をした人の中には、埋めた土にお花を植えるかたもいらっしゃいます。ここでは、プランターにお花を植えるポイントを紹介します。

プランター葬でお花を植えることはOK

プランター葬の土でお花を植えることはOKです。ですが、水やりをすることでカビが発生するおそれがあるので、正しいお手入れ方法を取る必要があります。

お花を植える際に気を付けること

・1年中咲いているお花を植える
多年草な根が張るようなお花だと、根がペットの亡骸を傷つけてしまうおそれがありますので、コスモスやマリーゴールドなどの、1年中咲いているお花を植えましょう。

・水やりはやりすぎない
あまり水をやりすぎると、カビが発生したりニオイの原因になったりします。土の表面が乾いたときに、表面が湿る程度に水をあげてください。また、受け皿に溜まった水はこまめに捨てましょう。

プランター葬のよくあるトラブル

プランター葬の方法を間違ったり管理を怠ったりすると、トラブルが発生し最悪の場合はご近所トラブルにまで発展してしまうおそれあります。この項目では、トラブルの対処法を紹介します。

ニオイと虫の問題と対処法

プランター葬で一番多いこの2つの問題ですが、じめじめしたところに放置したり風通しの悪いところに放置したりすることで起こってしまいます。

虫発生予防策としては、風通しのよい場所に置いたり、土の表面に玉石やビー玉などを敷き詰めたりして対策を取りましょう。万が一虫が発生した場合、黒いビニール袋にプランターごと入れて日当たりのよいところに2~3週間放置しましょう。

ニオイが発生した場合は、今使っているプランターより大きいプランターを選び、その中に今使っているプランターを入れて新しく埋め直しましょう。

火葬してからプランター葬をするとトラブル回避できる

火葬してからプランター葬をすることで、ニオイや虫が湧くのを防げます。ハムスターなどの小さな動物の亡骸を火葬しても、骨を残すような対応をしてくれる業者もあります。

しかし、一度火葬をしてしまうと元に戻すことはできません。信頼できる業者を選んで、火葬についてしっかりと話し合いましょう。

ペット火葬の種類

上記でも説明しましたが、火葬してからプランター葬をすることでニオイや虫の発生を防ぐことが期待できます。この項目では、ペット火葬の種類についてまとめました。

訪問火葬

火葬炉を設置した車をご自宅まで伺わせ、車内で火葬を執り行うタイプが訪問火葬です。業者によっては24時間365日対応しているところもあり、わざわざ施設に行かなくてよいというメリットがあります。

施設火葬

ペット霊園などに行って火葬をしてもらう方法です。天候に左右されずに執り行うことができたり、葬儀から納骨までやってくれるプランがあるというメリットがあります。

まとめ

プランター葬は決して特殊なものでなく、皆さんでもできる供養の方法です。プランター葬は手軽にできて、ペットの死後も身近に感じられるというメリットもありますが、土に還らなかったり、ニオイや虫が発生するおそれがあったりと、デメリットもあります。

プランター葬にしようか迷っていたりニオイや虫の問題について悩んでいたりする場合は、一度ペット供養業者に相談してみましょう。ペットの最期を飾る方法をして、プランター葬をお考えになってはいかがでしょうか?

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5評価, 平均評価: 4.80 )
Loading...
0120-220-175