ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > うさぎの寿命|病気やケガに注意!長生きしてもらうためにできること

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

うさぎの寿命|病気やケガに注意!長生きしてもらうためにできること

うさぎの寿命|病気やケガに注意!長生きしてもらうためにできること

最近は、ひとり暮らしでもペットを飼っているという方を多く見かけます。犬や猫はもちろん、うさぎをペットとして飼っているという方もいるのではないでしょうか。

うさぎは、犬や猫と比べると短命な生き物です。それでも、家族のように大切な存在であるペットには、できるだけ長く生きてほしいと思いますよね。

この記事では、うさぎの寿命、うさぎに多い病気やケガとその対策など、うさぎに長生きしてもらうために役立つ情報をまとめました。長生きのヒントとなる「終活」についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

うさぎの平均寿命

みなさんは、うさぎの平均寿命がどれくらいなのかご存知でしょうか。ペットとしてうさぎを飼っていくうえで、育て方を考えるためにも寿命について理解しておくことが大切です。

うさぎの平均寿命は5~8年

うさぎの寿命はそれぞれの個体に違いがありますが、一般的に5年から8年だといわれています。しかし、近年うさぎの飼育環境が向上したこともあって、10年以上生きることも多くなっているのです。

品種によって寿命は違う?

うさぎは、公認されている品種だけで49種類存在しています。品種によって見た目が大きく異なっていますが、ペットとして飼われているうさぎに関しては先祖が同じアナウサギのため、品種による寿命の違いはほとんどありません。

うさぎの寿命は品種によって左右されるものではなく、一般的な5年から8年に加えて飼い方が大きく影響するということです。

うさぎに多い病気やケガ

うさぎに多い病気やケガ

うさぎはデリケートな生き物でありながら、病気やケガによる体調の悪さを隠そうとする習性があります。そのため、日ごろから飼い主がうさぎの様子をしっかりと観察してあげることが大切です。では、うさぎに多い病気やケガにはどのようなものがあるのでしょうか。

・骨折、脱臼
うさぎのケガでもっとも多いのが、骨折と脱臼です。うさぎは骨が非常に弱く、ちょっとしたことで骨折や脱臼を起こしてしまうのです。骨折や脱臼が亡くなる直接の原因になることは滅多にありませんが、食欲不振の原因になり亡くなってしまうことがあります。

うさぎの骨折や脱臼は、ケージなどで走り回っているとき、飼い主がうさぎを抱きかかえようとするときに起こることが多いです。うさぎの足に異変を感じた場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

・胃腸うっ滞
デリケートな生き物であるうさぎには、ストレスを感じやすいという特徴があります。ストレスなどがきっかけで起こる「胃腸うっ滞」は、うさぎがかかりやすい病気のひとつです。

胃腸の動きが止まることで、ガスなどがお腹にたまってしまうことなどが、症状として挙げられます。うさぎが胃腸うっ滞にかかってしまうと、エサを食べなくなり排せつ物の量も減ります。このような症状がうさぎに見られたら、すぐに動物病院で診てもらうようにしてください。

・毛球症
うさぎは、毛づくろいのときにできた毛玉を、体の中から自力で出すことができません。そのために、毛玉がどんどん消化管にたまっていってしまうという病気が「毛球症」です。うさぎが毛球症にかかってしまうと、エサを食べなくなり排せつ物の量が減ってしまいます。

また、症状がひどくなると、胃腸うっ滞の原因になってしまうこともあります。

毛球症は、毛づくろいをおこなう回数が多いほどかかりやすい病気です。うさぎはストレスを感じると、普段よりも毛づくろいの回数が多くなります。毛球症を起こさせないためには、うさぎにストレスを与えないようにすることが大切です。

うさぎに長生きをしてもらうためには?

家族同然の大切な存在であるからこそ、うさぎにはできるだけ健康に長生きしてもらいたいですよね。病気やケガにかかりやすいうさぎですが、日ごろからいくつかのポイントを意識しておくことで、長生きさせてあげることができます。

1.健康状態をチェック

うさぎは犬や猫と違って、健康な状態と病気にかかっている状態との違いに気づきにくい生き物です。若いうちは、病気やケガをすることも少ないのでそれほど心配する必要はありません。ですが、5歳を過ぎたころから、老化と共にさまざまな病気にかかりやすくなるので注意が必要です。

うさぎの病気やケガは、対処の早さによって結果が大きく異なります。普段からうさぎの健康状態をチェックしておき、ちょっとした異変でもすぐに気づけるようにしましょう。

2.避妊手術をする

メスのうさぎは高齢であるほど、子宮疾患の発生率も高くなります。4歳以上のメスうさぎの場合、50%以上が子宮がんになるという報告もあるほどです。

子宮疾患の厄介な点として、うさぎ自身に体調の変化がほとんど見られないということがあります。うさぎの状態から判断することは難しいので、子宮疾患の予防として避妊手術をしておくとよいかもしれません。

3.ストレスを少なくする

うさぎにとってストレスは万病のもとです。ストレスが原因で毛づくろいが多くなれば、毛球症や胃腸うっ滞にかかってしまうおそれがあります。

基本的にうさぎは、大きな音や激しい温度変化にストレスを感じやすい生き物です。そのため、できるだけうさぎが落ち着いて生活できるように配慮してあげることが大切です。

4.食事に気をつける

うさぎの健康には、普段の食事が大きく影響します。うさぎは草食動物なので、牧草を食べることが健康を維持するうえで大切だといわれています。牧草に含まれている繊維質によって消化管の動きを活発にすることで、うさぎの腸を健康に保つことが可能です。

また、牧草はよく噛んで食べる必要があるので、うさぎの歯を健康に保つという点でも欠かせない食事といえます。だからといって、牧草ばかりを与えていても、栄養がかたよってしまいます。牧草だけではなくペレットフードなどを食事として出し、適度にカロリーを摂取させることも大切です。

ペットの「終活」も長生きのヒントに

ペットの「終活」も長生きのヒントに

みなさんは、ペットの終活という言葉を聞いたことはありませんか。ペットの終活とは、大切なペットが最期の日を迎えるまで、生前整理や葬儀の準備などをおこなうことです。ペットが亡くなってから、「もっとこうしてあげればよかった」と後悔しないためにも、今のうちから終活について考えてみましょう。

いつごろ始める?

ペットの終活は、終活ノートを作って始めるのがおすすめです。終活ノートとは、ペットの持病の有無や葬儀方法などを、年齢にあわせてまとめておくためのものです。毎日書くようなものではないので、終活ノートを作る時期はいつでもかまいません。

ひとつのタイミングとしては、時間に余裕があり、ペットの終活を始めようと思い立ったときがおすすめです。この記事を読んで、「今からペットの終活を始めたい」と思ったのであれば、まずは終活ノートづくりから始めてみてはいかがでしょうか。

ペットの終活に必要なこと

ペットの終活を考えていくうえで大切なのが、「飼い主の意志をはっきりと周囲へと伝える」ことです。もし、自分がペットを残して先に亡くなってしまった場合、なにも準備をしていなければペットが露頭に迷ってしまいます。

ペットの終活では、ペットの引き取り先を決めたりペット保険に加入したりして、病気になったときに治療が受けられる体制を用意しておいてあげましょう。

ほかにも、終活ノートにペットの名前や性別、持病の有無などをまとめておいて、ペットの面倒を見るうえで必要な情報が誰でもわかるように準備しておいてください。

葬儀についても考える

ペットの終活は、生きているときのことだけでなく、亡くなったあとのことも考えておくことが大切です。ペットの葬儀にはさまざまな種類があり、内容によって費用も異なります。土葬や火葬などの埋葬方法に加えて、どのように供養するのかもしっかりと考えておきましょう。

まとめ

うさぎの寿命は、一般的には5年から8年だといわれています。しかし、近年では飼育環境が向上していることもあって、10年以上生きることも珍しくはありません。

品種による寿命の違いもほとんどないので、うさぎに多い病気やケガを飼い主が理解し、しっかりと健康状態をチェックしていれば長生きさせることが可能なのです。

また、今のうちからペットの終活について考えておけば、自分やペットの身になにかが起きても悔いの残らない対応ができます。終活ノートやペット保険などに加えて、葬儀のことまでしっかりと考えておきましょう。

ペットの葬儀には、さまざまな形式やプランがあります。ひとりでよくわからないまま選んでしまうと、大切なペットとのお別れに悔いが残ってしまうかもしれません。大切なペットの葬儀について考えるのであれば、ペット葬儀業者に相談をしてみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175