ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペットの火葬料金をご紹介。火葬の方法やお骨の供養方法についても

ペットの火葬料金をご紹介。火葬の方法やお骨の供養方法についても

昨今では大切なペットが亡くなってしまった際に、火葬して弔ってあげるというケースが増えてきています。しかし、いざ火葬をするとなると費用が気になるという方もいるかもしれません。ペットの火葬料金は、火葬方法によって大きく異なります。

このコラムでは、ペットの火葬料金や方法についてご紹介していきます。また、火葬後の供養方法についてもご紹介していくので、大切なペットの供養をお考えの際は参考にしてみてください。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ペットの火葬料金

ペットの火葬は法律上自分でおこなうことができないため、業者に依頼する必要があります。しかし、火葬と聞くと費用が高くて、手を出しづらいというイメージを持たれる方もいるかもしれません。そこでこの章では、ペットの火葬費用の相場をご紹介していきます。

ペットの火葬方法は主に3種類

ペットの火葬方法は主に3種類

ペットの火葬方法は大きく分けて「立会個別火葬」「一任個別火葬」「一任合同火葬」の3種類があります。火葬方法によって、かかる費用も異なってくるので注意しましょう。それぞれの詳細は次の章で解説していくので、火葬方法を選ぶ際の参考にしてみてください。

ペットの火葬料金相場

ペットの火葬料金は、火葬方法以外にもペットのサイズや火葬プランによって異なってきます。そのため、詳細な料金を知りたい場合は火葬を依頼する業者に確認を取りましょう。火葬料金のおおまかな相場は次のとおりです。

  • 小動物(2㎏未満) 1~2万円
  • 小型犬サイズ(2~10㎏) 1~4万円
  • 中型犬サイズ(10~25㎏) 2~5万円
  • 大型犬サイズ(25㎏以上) 4~6万円
  • 自治体で火葬をしてくれることも

    自治体によっては、ペットの火葬を受け付けているケースがあります。基本的に5,000~10,000円ほどでおこなえることが多く、業者の火葬に比べて安価です。しかし、自治体によっては遺骨が返却されなかったり、ゴミと一緒にペットを焼却したりするというケースもあります。

    そのため、「ペットの遺骨を受け取りたい」「自治体の火葬方法が受け入れづらい……」という場合はペット葬儀業者に依頼することをおすすめします。ペット葬儀110番では、ご要望に合わせた業者をご紹介できるので、ペットの火葬でお悩みの際はご相談ください。

    不安なこと何でもご質問ください。
    通話
    無料
    0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    利用規約プライバシーポリシー

    ペットの火葬方法とその流れ

    ペットの火葬には大きく分けて3種類の方法があり、それぞれペットの火葬料金や火葬の流れが異なってきます。この章では、ペットの火葬方法についてご紹介していきます。

    火葬方法1:立会個別火葬

    立会個別火葬

    立会個別火葬とは個別にペットを火葬して、立ち会うことのできる方法です。火葬料金は高くなりますが、しっかりとペットのお見送りやお別れをしたいという方におすすめです。また、火葬後はペットの遺骨を受け取ることができます。

    火葬するための設備が整った火葬車や、霊園の火葬炉による火葬の立会などがあります。高齢の方など、霊園での立会が難しい場合には自宅付近で火葬車による立会個別火葬がおすすめです。

    火葬方法2:一任個別火葬

    一任個別火葬とは個別にペットを火葬してくれますが、火葬に立ち会わず業者に一任する方法です。しっかりと個別に火葬してあげたいけど立ち会うのが辛かったり、時間がなかったりする場合におすすめです。

    料金は、立会個別火葬に比べて安い傾向にあります。基本的には遺骨を受け取ることができますが、業者によっては返骨を受け付けていない場合もあるため事前によく確認しておきましょう。

    火葬方法3:合同火葬

    合同火葬とは、ほかのペットたちと一緒に火葬をおこなう方法です。立会や遺骨の受取は基本的におこなえませんが、ペットに寂しい思いをさせたくないから、ほかの子たちと一緒に火葬してあげたいという方におすすめです。業者によっては、ペットの遺体を自宅まで引き取りに来てくれることもあります。

    また、立会個別火葬や一任個別火葬に比べて料金が安いため、費用を抑えてペットを火葬したいという方は合同火葬を検討してみてはいかがでしょうか。

    火葬までの安置方法

    大切なペットが亡くなって火葬を依頼するとなっても、都合によってはすぐに火葬をするのが難しいということがあるかもしれません。そのため、火葬するまでの間ペットの遺体の保管をする必要があります。ペットの遺体を保管する場合は、次の点に注意しましょう。

    ・死後硬直
    ペットが亡くなってから、数時間ほどで遺体が死後硬直をおこしてしまいます。そのため、死後硬直が始まる前にペットの目や口を閉じてあげたり、身体を丸めて棺に入りやすい状態にしてあげたりしましょう。また、死後硬直がおきてからしばらくすると糞尿が出てきてしまうケースもあるため、しっかりと拭いてきれいにしてあげてください。

    ・保管中の温度
    ペットの遺体は、直射日光を避けた冷暗所に保管しましょう。気温が高い場所に遺体を置いておくと、大切なペットの遺体が腐敗してしまいます。とくに、夏は気温が高いため注意してください。

    不安なこと何でもご質問ください。
    通話
    無料
    0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    利用規約プライバシーポリシー

    ペットを火葬したあとの供養について

    ペットの火葬が終わったら、しっかりと供養をしてあげましょう。供養をしてあげることによって、ご自身の気持ちに整理がつくかもしれません。近年ではペットにもさまざまな供養方法があるので、いくつかご紹介していきます。

    供養方法①:手元で供養する

    供養方法①:手元で供養する

    大切なペットだったからこそ、自分の手元で供養してあげたいという方は、ペット用の骨壺や仏壇などを用意してあげるとよいでしょう。お参りする場所が身近にあることにより、気持ちの整理をつけやすくなるかもしれません。

    骨壺は業者やそのプランによっては、火葬費用に含まれているケースがあります。また、ペットの遺骨を遺骨アクセサリーに入れたり、遺骨をダイヤモンドに加工したりして身につけるということもできます。

    供養方法②:納骨をする

    大切なペットの遺骨を、しっかりと納骨して供養してあげたいという方もいるかもしれません。ペットの遺骨を納骨する方法は、主に3種類あります。

    ・個別墓
    ペット霊園に個別の墓石を用意し、納骨してあげる方法です。墓石には、ペットの名前や命日などを刻むことができます。墓石代に加えて、お墓の年間管理費がかかるため料金は高くなりやすく、場合によっては10万円を超えることもあるようです。

    ・合同墓
    ペット霊園にあるお墓で、ほかのペットたちと一緒に納骨してあげる方法です。基本的に、ペットの火葬料金に納骨の料金が含まれていることが多いです。個別墓に納骨する方法に比べて、数千円程度と安価に供養がおこなえます。

    ・納骨堂
    ペットの骨壺などを霊園内の専用の施設に納める方法です。納骨堂は多種多様な種類があり、写真やお供え物を置くスペースがあったり、個別で納骨をできる納骨堂もあったりします。そのため、料金は納骨堂の設備や規模によって大きく異なるため事前に確認しましょう。

    大切なペットが亡くなってしまうと、どうすればいいか分からなくなってしまうかもしれません。気持ちの整理がついてからでも大丈夫なので、しっかりと供養をしてあげてください。

    ペットの火葬や供養の方法でお悩みの場合は、ペット葬儀110番を利用してみてはいかがでしょうか。ペット葬儀110番では、さまざまな業者や火葬プランなどをご紹介しています。無料の相談窓口もあるため、まずはご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175