ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペットの移動火葬車とは?メリットとデメリット・供養についても解説

ペットの移動火葬車とは?メリットとデメリット・供養についても解説

一緒に散歩した日々……。美味しそうにエサを食べている顔……。大切な家族でもあるペットの死は受け入れがたいものです。しかし、悲しみに暮れるなか考えなければいけないことが、ペットをどのように供養してあげるかではないでしょうか。

自宅までお迎えに来てくれたあと、車に設置された炉で火葬をおこなう「ペット移動火葬」は霊園が自宅から遠いなど、なんらかの理由で身動きがとれない方から支持を得ています。火葬の際に、煙や臭いなどもほとんどないため心配はいりません。

この記事では、ペット移動火葬車の基本的な情報や火葬前の準備から火葬後の供養まで解説していますので、お役立ていただければ幸いです。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ペットの移動火葬車とは?

「はやくペットを供養してあげたいけれど、自宅から遠いところはちょっと……」とお困りではありませんか。そのようなお悩みを持つ方の間で、ペット専用の移動火葬車を自宅まで呼ぶという方法が選ばれています。ペット移動火葬車とは、どのようなものなのでしょうか。

ペットの移動火葬車について

ペットの移動火葬車について

ペットの移動火葬車とは、火葬炉が車内に設置されており、そこでペットを火葬することができる専用の車のことをいいます。出張火葬とは、なんらかの事情でペット霊園まで行けない人のために始まったサービスです。

葬儀業者が自宅まで訪問してくれるため、お家に居ながらペットとお別れをすることが可能となります。

移動火葬車のメリット・デメリット

ペット移動火葬は、時間がなく忙しい方や、お家からなかなか身動きがとりにくいという方に選ばれています。利用する前にはトラブルを避けるために、そのメリットとデメリットをしっかり押さえておくことが重要です。

メリットは、「時間と手間がかからない・個別火葬ができる」という点です。葬儀業者が自宅まで出張してくれるため、遠方にあるペット霊園までわざわざ出向く必要がありません。

都合の良い時間に合わせて業者が訪問してくれます。また、火葬中は業者が付き添ってくれるため、自宅で待機していて構いません。

煙などが心配になる方もいるかもしれませんが、煙や臭いが立ち込めないつくりになっているため心配はありません。車の外装にも、「ペット葬儀」などの広告が入っていないため、近隣の人たちにもペットの火葬車とは気づかれにくくなっています。

デメリットは、「火葬できるペットのサイズに限界がある・屋根などの下では火葬できない」という点です。猫・小型犬・ハムスター・ウサギなどの比較的小さなペットは問題ありませんが、大型のペットが対応可能かどうか、業者に事前に確認しておく必要があります。

自宅まで出張できるとはいうものの、自宅前に十分なスペースがない場合などは、火葬ができないことがあります。その際は、ご自宅付近の火葬できそうな場所を探して火葬することになるようです。

お迎え~火葬までの流れ

ペット移動火葬が気になるという方のために、移動火葬車を依頼した際の流れについて、ご紹介しましょう。

  1. 自宅までお迎え
  2. お別れの儀(セレモニー)を執りおこなう
  3. 火葬

お迎えの前には、業者との打ち合わせがあり、火葬の日程決めと一連の流れについての説明を受けます。火葬後には収骨をおこない、お骨が返ってきます。四十九日になれば、納骨するか決める必要がでてくるため、業者で納骨までおこなってもらえるかあらかじめ確認しておくとスムーズでしょう。

ペットの火葬方法は他にも

移動火葬車でのペット火葬のほかにも、以下のような方法で供養することもできます。

・個別立ち会い火葬
飼い主が直接火葬場まで行き、最後まで立ち会う方法。火葬炉に入るのは1匹のみ。費用は高くなる場合が多い。

・合同火葬
複数のペットたちと一緒に火葬される方法。費用は比較的安い。

・一任個別火葬
葬儀業者がペットの火葬に立ち会う方法。火葬炉に入るのは1匹のみ。費用は合同火葬よりは高いが、立ち合い火葬よりは比較的安い。

ペットの供養方法には、おもにご紹介したような3種類があります。どれを選ぶかによって費用と手間が変わってくるので、ペットの火葬前にはよく確認しておくことをおすすめします。

ペット葬儀の費用相場

ペットの大きさや火葬の種類によって費用は異なります。合同火葬の場合は、一度に複数のペットたちを火葬するのに比べ、個別火葬は1匹ずつ火葬するため費用は高くつく傾向にあるようです。以下は一般的なペット葬儀の費用相場となっています。

  • 2~5kg:16,000~23,000円
  • 5~10kg:20,000~27,000円
  • 10~25kg:30,000~37,000円
  • 25~40kg:40,000~4,7000円

このように、ペットのサイズによっても費用に差がでます。40kg以上の大型のペットについては、多くの場合50,000円以上かかるため業者に費用を確認してみることをおすすめします。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ペットの火葬をする前に準備すること

ペットを火葬で弔う場合は、事前に準備しなければならないことがあります。ここではペット火葬の注意事項をまとめていますので、参考にしてみてください。

犬の場合は死亡届の提出が必要です

犬の場合は死亡届の提出が必要です

犬を飼っている人は、保健センターへ行き死亡届を提出する必要があります。ペットとして犬を飼う際には、もともと保健センターへの登録が義務化されているため、その登録を消さなければならないとされているからです。

死亡届を提出する際には以下のものを準備しておきましょう。

  • 死亡届
  • 鑑札
  • 注射済票

鑑札と注射済票については、狂犬病予防で注射をうってもらった際に病院から渡されるものです。鑑札には犬の登録番号が付与されており、犬に装着しておくことが義務付けられています。首輪に一緒につけている方が多いのではないでしょうか。忘れずに持参するようにしてください。

火葬前のペットの安置方法

いざ、火葬をするとなっても業者の手配などに時間がかかるためすぐにというわけにはいきません。火葬までの間、どのような状態でペットを安置しておけばよいのでしょうか。

  • 保冷剤を使う
  • ペット専用の棺を使う
  • ドライアイスを使う

ご遺体の適切な安置方法として上記の3つの方法が用いられます。ポイントは、ご遺体をできるだけ空気に触れないようにして冷たい環境で安置することです。こうすることで、ご遺体の腐敗がすすまないようにすることができます。

また、死後にご遺体が冷えると硬直してしまうため、お棺に入りやすい体勢にしておいてあげてください。まだご遺体が柔らかいうちにおこなうことで、お棺に足が引っかかるということを防ぐことができます。

日光が直接当たらないところで保管しましょう

先ほどもご紹介しましたが、ご遺体はできるだけ冷たいところに安置してあげてください。直射日光が当たるところは避け、室内の温度は24度以下になるように保つとよいでしょう。

保管できる日数の目安は?

ご遺体を保管できる日数には限度があります。とくに夏場は気温が高いためご遺体の腐敗がすすみやすくなります。

ご遺体を自宅で保管する場合は、1~2日と思っておきましょう。ペット葬儀の業者なら、火葬までの間適切な方法でご遺体を預かってくれます。自分で適切にペットを安置できるか心配な方は、業者に依頼することをおすすめします。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

火葬後の供養の方法について

人間の場合は葬儀のあと、初七日や四十九日などの法事がありますよね。では、ペットの場合は、どのように供養してあげればよいのでしょうか。ペット火葬後の供養の方法についてご紹介します。

1.ペット霊園に納骨する

1.ペット霊園に納骨する

ペットを火葬したあとは、納骨をおこなうか考える必要があります。ペット霊園に納骨をすることも可能です。納骨の方法にはおもに次の2パターンがあります。

  • 霊園内の納骨堂に納骨する
  • 個別のお墓をつくり納骨する

霊園内の納骨堂とは室内に設置されており、個室になっていたり棚状になっていたりします。納骨の方法は、個別と合同のどちらからかを選ぶようです。

また、個別のお墓をつくって納骨することもできます。ペットも家族の一員という考え方が広まったことでペット専用のお墓をつくる方もいます。さらに、人間と同じお墓に入れることができる霊園も登場してきているようです。

2.自宅に骨壺を持ち帰って保管する

ペットの遺骨を自宅で保管することもできます。ただし、自宅で保管する場合はカビが生えないように気をつけておく必要があります。カビ対策には、定期的に骨壺の蓋をあけて湿気がたまらないように換気してあげるか、乾燥剤を入れるなどしておくとよいでしょう。

3.遺骨アクセサリーにして手元供養をする

愛するペットと常に一緒にいたいという方には、「遺骨アクセサリー」という方法で身につけて供養してあげることもできます。遺骨アクセサリーには、遺骨を加工しないでアクセサリーのなかに収納するもの、遺骨の一部を加工してアクセサリーとして蘇らせるというものがあります。

遺骨アクセサリーを選ぶときには、「デザイン・耐久性・アフターサービス」に注目するとよいでしょう。たとえば、ネックレスや指輪、バックなどにつけるチャームにすることができます。

また、普通のアクセサリーとは違い思い出の詰まった大切な一品なので、耐久性も兼ね備えていなければいけません。アクセサリーにする際は、水や衝撃にも耐えられる技術を持ったお店なら安心して任せることができるでしょう。

傷の補正をおこなってくれるなどのアフターサービスが充実していることも見逃せない点です。

ここまで、ペットの火葬後の供養方法についていくつかご紹介してきました。どのような方法を選ぶかは、決まりはないので人それぞれです。自分が納得のいく形で愛するペットを供養してあげることが大切です。

「ペットの供養方法に迷っている」、「自分ではなかなか決め切れない……」という場合は、弊社がお手伝いさせていただきます。親身になってご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 3.00 )
読み込み中...
0120-220-175