ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペット葬儀の料金相場はどれくらい?火葬方法や葬儀の流れも解説

最新情報・レポート

ペット葬儀に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ペット葬儀の料金相場はどれくらい?火葬方法や葬儀の流れも解説

大切なペットが亡くなってしまったとき、「きちんと葬儀してあげよう。」「火葬しなくては。」と考える方が多いでしょう。ペット葬儀にはいくつか種類が存在しており、それぞれで料金や葬儀内容が異なっています。

そのため、ペットが亡くなって葬儀をしたいと思っても、自分の希望に合ったペット葬儀が分からず困ってしまう方もいるのではないでしょうか。きちんと自分の希望にあった葬儀おこないたいと考えるのであれば、事前に葬儀内容や葬儀料金を知っておくことが大切です。

そこで今回は、ペット葬儀の料金やペット葬儀の内容などについて詳しくご紹介します。

ペット葬儀の火葬方法はおもに4種類

ペットの火葬方法は、おもに「一任合同火葬」、「立合個別火葬」、「一任個別火葬」、「訪問火葬」という方法があります。それぞれの火葬方法については、以下のとおりです。

【1】一任合同火葬

【1】一任合同火葬

一任合同火葬は、ほかの家のペットと一緒に火葬し、遺骨は合同の納骨所に納骨されるという方法です。納骨は飼い主ではなくスタッフがおこない、基本的に返骨はされません。

【2】立会個別火葬

飼い主が火葬から納骨まですべて立ち会う火葬方法です。立会個別火葬であると火葬場でのお別れや火入れ後のお骨拾いまでできるので、しっかりと最初から最後まで葬儀に付きそうことができます。お骨拾いの後、お骨を納骨か返骨かを選択することも可能です。

【3】一任個別火葬

火葬するまでのペットの出棺からお別れまで飼い主がおこない、火葬やお骨拾い、納骨はスタッフにお任せする火葬方法です。火葬後、お骨はペット霊園や合同の納骨所に納められます。ペット葬儀業者によっては、返骨をしてくれるところもあるようです。

【4】訪問火葬

車にペットを火葬できるものが備わった車で、スタッフが自宅や自宅周辺まで出向いて火葬をおこなってくれる方法です。火葬場まで出向くことが不可能な場合は訪問火葬がよいでしょう。火葬後のお骨拾いや納骨などは、すべてスタッフに任せるか飼い主が立ち会うのかを選べるところが多いようです。この方法は返骨も可能です。

自分で火葬や土葬をしてもいいの?

火葬を自分でおこなうことは法律で禁止されています。昔は自宅でゴミを燃やすことは許されていましたが、近年では廃棄物の処理及び清掃に関する法律で原則として禁止されています。そのため、可燃ごみに分類されるペットの遺骸は法律にしたがって処理しなくてはなりません。土葬はというと、これも他人の土地や公共の土地におこなうと、法律に反します。

もし、私有地以外に捨てたり埋めたりまた、川に捨てるなどした場合は、廃棄物を捨てたということになり法律で5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が科される場合があります。ここで、「所有地での土葬ならよいのでは?」と考えるかたもいるかもしれませんが、法律的には反しません。しかしながら、ペットの遺骸はだんだん腐敗し悪臭を放ちます。

このとき埋めた穴が浅かった場合、ペットの遺骸からの悪臭で近隣の住民に迷惑がかかることになります。このようなことから、マナー的にも衛生的にも火葬を選ぶほうがよいでしょう。

葬儀方法でお悩みなら

ここまでペット火葬方法についてご紹介してきましたが、どの方法を選んだらよいのか迷うといったかたは一度業者に相談してみましょう。業者に相談することで、自分が希望する葬儀方法を提案してもらえるでしょう。

弊社では、ペット葬儀のご相談を24時間365日承っております。ご紹介できる葬儀業者が多くありますので、そのなかから納得できる葬儀業者を選んでいただくことが可能です。ペット葬儀でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

ペット葬儀の料金相場・そのほかの費用

ここまでペット葬儀の方法をご紹介してきましたが、葬儀の方法によって費用はまちまちです。また、費用は火葬費用だけではなくほかにも費用がかかってくるものがあります。それぞれの葬儀料金や火葬費用以外に発生する費用を以下でご紹介します。

ペット葬儀の料金はどう決まる?

ペット葬儀の料金はどう決まる?

ペット葬儀料金は、ペットのサイズや火葬時間によって決まります。なぜ大きさや体重といったペットのサイズで金額がかわるのかというと、火葬にかかるコストが関係しているためです。小さなペットと大きなペットでは、火葬時間に違いがでるため、それにしたがって金額が高くなってしまいます。

火葬時間が長時間であると、火葬炉が冷めるのに時間がかかり、次の葬儀ができなくなるので、その時間分の費用がプラスされるのです。また大きなペットであると、運ぶのにスタッフを増やさなければいけないということもあり人件費がかかります。このような理由から、ペットのサイズで葬儀料金が決められているのです。

ペット葬儀の料金相場

ペット葬儀の料金相場は、以下のとおりです。ここでは、小型犬を例にご紹介します。

  • 一任合同火葬 15,000円~
  • 立会個別火葬 22,000円~
  • 一任個別火葬 20,000円~
  • 訪問火葬 18,000円~

大型犬の場合やそのほかになんらかの理由で費用が異なることもあります。そのため、詳細を知りたい場合は、電話などで業者に確認しておきましょう。

自治体に火葬を依頼する場合の料金相場

葬儀業者ではなく、自治体に火葬を依頼することもできます。その場合の費用は、1,000円から10,000円と費用に大きく差があります。自治体によってペット火葬に対する対応が違ってくるためこのような金額の差がでるようです。多くの自治体では、火葬方法は合同火葬が一般的であり、基本的に火葬に立ち会うことや返骨などはできません。

火葬費用のほかに発生する費用

供養塔や納骨堂の費用、そのほかにメモリアルグッズを購入したいと考えているかたは、葬儀費用とは別に10,000円から30,000円は追加でかかると考えておいたほうがよいでしょう。

ペット霊園の納骨堂を利用する場合は、火葬とセットになっているところも多いですが、火葬とは別に納骨堂だけ利用する場合、年間10,000円~数十万円かかることがあります。メモリアルグッズは多くの種類があるため、金額に差がありますが2,000円から20,000円くらいが多いでしょう。

依頼前にはお見積りを取りましょう

ここまで葬儀料金の相場をご紹介してきましたが、正確な金額を知るためにも業者に相談して、見積りを取りましょう。見積りをとることによって正確な金額以外にも葬儀の詳しい内容も確認できます。

弊社では、ペット葬儀業者を多く紹介しており、見積りも無料でお出しすることが可能です。そのなかからご希望に添ったペット葬儀業者を選んでいただくことが可能です。見積り後の追加料金は発生しませんのでご安心してお電話ください。

亡くなってから葬儀までの流れ

ペットが亡くなってから葬儀が始まるまでに、備えた処置や届け出の提出などが必要になります。いったいどのような処置が必要なのか、届出の提出の仕方など、ペット葬儀を依頼したときの一般的な流れについてご紹介します。

葬儀までの処置

葬儀までの処置

まずは、葬儀が始まるまでにペットの遺体の安置をおこないましょう。安置をおこなうときに必要なものは以下のとおりです。

・お棺
お棺といっても、段ボール箱でもよいです。遺体を入れる箱を用意します。

・敷物
ビニールシートや防水シートを遺体の下に敷きましょう。亡くなったあとは、体液や血液がでてくることもあります。敷物を選ぶときは、化繊などのタオルを選んでしまうと、火葬の際に有害なダイオキシンを発生させるおそれがありますので避けるようにしましょう。

・冷たいもの
ドライアイスや保冷剤などで遺体は冷やしておきましょう。遺体の傷みを加速させないためです。遺体に直接ドライアイスや保冷剤などが、触れていると遺体の状態が悪くなるので、タオルやハンカチなどで覆って箱に入れるとよいです。

・一緒にお棺に入れたいもの
お棺にペットが好きだったおもちゃや、着ていた洋服などを入れてもよいでしょう。しかし、火葬の際に燃えずに残ってしまうため、プラスチックや金属類は入れることができませんので注意しましょう。

犬が死亡したときは届出が必要

犬が亡くなったときには、廃犬届を出す必要があります。犬を飼うときに狂犬病予防法により、住んでいる自治体に飼い主の登録の申請をおこなっているはずです。この狂犬病予防法により、亡くなってから30日以内に今住んでいる自治体へと廃犬届を出すという決まりがあるため、届出は必ず提出するようにしましょう。

葬儀の流れ

ペットが亡くなってから業者に相談し見積りを取ります。葬儀業者を決定したらそれ以降の流れは、一般的に以下のとおりです。

  1. 引き渡しまたは葬儀場へ持ち込み
  2. お別れ(読経やお焼香)
  3. 火葬(立ち会う場合は立ち会い)
  4. 納骨、返骨し供養をおこなう

返骨後の供養方法

お骨を返骨してもらった場合、供養方法は合同供養塔かペット霊園へ納骨する方法があります。合同供養塔とは、ほかの家のペットと一緒に納骨する場所のことです。ペット霊園へ納骨すると人間と同じような納骨堂に安置することになります。これ以外にも、飼い主の手元で供養する手元供養や散骨といった方法もあります。

きちんとお見送りしてあげるために

大切なペットが亡くなってしまった状態で、冷静にペット葬儀に関して考えることは難しいかもしれません。しかし、のちのち後悔しないように火葬方法や葬儀の内容、費用などきちんと相談して確認したうえで、葬儀をおこなうということをおすすめします。

ペット葬儀業者を探すと多くの葬儀業者があり、どこの葬儀業者を選べばよいのか悩むこともあるかと思います。その際は、弊社に一度ご相談ください。弊社は、全国から加盟店のペット葬儀業者ご紹介しております。ぜひペット葬儀をご検討の際は、弊社をご利用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-220-175