ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペット火葬車を詳しく知ってトラブル回避|安心して静かに送り出す

ペット火葬車を詳しく知ってトラブル回避|安心して静かに送り出す

ペットを手厚く供養してあげたいなら、「火葬車を利用する火葬」と「施設を利用する火葬」の違いをしっかりと確認しておきましょう。両者の違いを把握しておくことで、自分に適している方法を判断することができるからです。

それぞれにメリット・デメリットがあるためペットをどのようにお見送りをしたいかによって選択することが重要です。

この記事では、ペットの火葬車とはどのようなものなのかをはじめ、霊園などでおこなう供養との違いを詳しく解説しています。業者を選定するうえで気を付けておきたいポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ペットの火葬方法は大きく2つ

ペットの火葬はおもに、火葬車を利用する方法と火葬場までペットを持ち込む方法の2種類があります。ひとくちに、火葬といってもそれぞれ違いがありますので、ペットをどのように供養してあげたいかを踏まえて考えていきましょう。

火葬車を利用する火葬とは

火葬車を利用する火葬とは

火葬車とは火葬炉を設置してある特殊な車両で、『移動火葬車』『ペット火葬車』『訪問火葬車』などと呼ばれる車両です。依頼を受けた業者が、指定の日時に依頼者の自宅や指定の場所に火葬車を運転してうかがいます。依頼者からペットの亡骸を業者に引き渡し、火葬車で火葬をおこなうという流れが多いでしょう。

ペット火葬車は煙やにおいなどがほとんどでないように設計されているものもあり、場合によっては、周囲に影響のない場所に移動するなど十分に周りに配慮して火葬を開始します。ペットを火葬車に乗せ思い出の場所に移動させてから火葬をおこなうという方もいらっしゃいます。

ペット火葬車での火葬は、プランによって依頼者が立ち会いでおこなうことと、立ち会いをおこなわずにペット火葬業者に任せることを選ぶことができるので希望する方法を選びましょう。

施設を利用する火葬とは

施設を利用する火葬はご自身でペットの亡骸を、ペット葬儀の火葬場に持っていき火葬をおこなっていきます。

施設の火葬場の場合、合同で火葬をおこなうか個別に火葬をおこなうかを選ぶことができます。合同火葬では他のペットと一緒に火葬をおこなうため、立ち会いはおこなわず、遺骨も持ち帰ることができないため共同墓地に埋葬されます。価格を抑えたい方は合同火葬を選ぶことが多いようです。

個別火葬の場合はペット1匹ごとに火葬をおこないます。立ち会いするかどうかを選ぶことができ、ペットの遺骨も拾って持ち帰るか墓地に埋葬してもらうかを選ぶことができます。

より詳しく知りたい方は、一度弊社までご相談ください。お客様のご希望にあわせてご案内させていただきます。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

どちらにするべきかはメリット・デメリットで決める

火葬方法について分かったところでそれぞれのメリット・デメリットもご紹介していきます。

火葬車を利用する火葬のメリット・デメリット

火葬車を利用する火葬のメリット・デメリット

火葬車を利用するポイントとして大きいのが、火葬炉が車両ごと動くことです。それによりメリットが生まれ、デメリットも生まれます。

火葬車を利用する火葬のメリット

火葬車のメリットはおもに4つあります。

1.ペットを火葬場まで運ぶ必要がない
業者が火葬車を運転し自宅などにきてくれるためペットを運ぶ必要がありません。

2.時間の都合がつきやすい
24時間365日対応している業者が多いため突然の依頼になったとしても対応できる業者は多いでしょう。

3.家族以外の方も参加ができる
仲のいいご近所の方と一緒にペットをお見送りすることができます。

4.好きな場所で火葬ができる
ペットが好きだった公園や海の近くがいいなど思い出の場所でお見送りすることができます。

火葬車を利用する火葬のデメリット

火葬車のデメリットはおもに3つあります。

1.大型の動物が入らない場合がある
火葬車は火葬炉を車に搭載しているため、サイズに限りがあります。大型犬などのペットだと火葬車に入らないなんてこともあるようです。必ず依頼時には自分のペットの種類や体重を伝え、火葬車を利用できるか確認するようにしましょう。

2.遺骨をその場で拾えないこともある
火葬車は火葬場よりも火力が低く天候に左右されることもあり、火葬に時間がかかります。遺骨は後から業者が拾い依頼者に送付する形をとる場合も多いようです。

3.近くでペットを火葬することに嫌悪感を抱く人がいる
住宅地など家が密集している場合だと、近所の方が不快な思いをしてしまうこともあるようです。遺骨を拾うときも周囲から見えてしまうことがあるので、十分に配慮するようにしましょう。

施設を利用する火葬のメリット・デメリット

施設で火葬をおこなうメリット・デメリットは、火葬炉が固定されていることによって生まれるものです。

施設を利用する火葬のメリット

施設を利用する火葬のメリットは2つあります。

1.葬儀、火葬、納骨を最後までおこなえる
プランによっても変わってきますが、最後まで一貫して葬儀をおこなうことができます。

2.天候に左右されることがない
火葬車と違い室内で火葬をおこなうため天候によって燃えるのが遅くなってしまうということがありません。

施設を利用する火葬のデメリット

施設を利用する火葬のデメリットは2つあります。

1.ペットを火葬場まで運ぶ必要がある
ペット葬儀のプランによってはお迎えをしてもらえる場合もありますがご自身で運ぶ必要があります。

2.閉園時間がもうけられている
閉園時間が決まっているため夜に火葬をおこないたいというような時間の自由はききにくいでしょう。

メリット・デメリットを知ってもどちらがいいのか迷うようであれば一度ご相談いただくことをおすすめしています。ペット葬儀のプロがお客様にあわせてご提案することも可能です。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ペット葬儀でお困りの際は弊社にご相談ください

ペット葬儀でお困りの際は弊社にご相談ください

ペット葬儀は業者選びも重要です。悲しい出来事が起こってしまったからこそ、お客様への細かな気遣いやフォローができる業者など信頼できる業者を選ぶことが大切です。

少しでも悲しみをやわらげ、後悔のない思い出に残る供養ができるようにしましょう。弊社ではペット火葬のプロが真摯な対応でお客様と接するように努めています。お客様からの満足度も高く弊社受付の満足度調査(2016年7月実施)では『満足度98%以上』を記録しました。

弊社では葬儀プランも多く『ペットを引取りに来てほしい』『火葬車で個別にペットを供養したい』『火葬場で合同の火葬でペットを供養したい』という、お客様のご希望にあわせてご案内しています。

ご家族のペットをどのように供養してあげたいのかをしっかり考えて選ぶようにしましょう。ペットとの突然起こるお別れで不安や悲しみに押しつぶされそうになり、どうすればいいかも分からずパニックになってしまう方も多いようです。

24時間365日、日本全国で対応可能なので、いつご連絡をいただいてもかまいません。お客様の悲しみを少しでも減らすことができるように、真摯に対応させていただきます。

ご相談だけでもかまいません。もしお悩みであればご連絡お待ちしております。

不安なこと何でもご質問ください。
通話
無料
0120-220-175 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...
0120-220-175