ペット供養・火葬の事ならペット葬儀110番 トップページ > 最新情報・レポート > ペットロスから自殺願望をもつ心理と立ち直るためにできること

ペットロスから自殺願望をもつ心理と立ち直るためにできること

ペットロスは、自殺を考えてしまう人がいるほどつらいことです。長い時間を共に過ごし愛情を注ぎ合ったペットは、家族同然の存在です。そのペットを失うのは家族の一員を失うのと同じくらいの悲しみを感じるでしょう。

しかし、愛する存在を失っても、自分の人生、現実の生活はつづいていきます。悲しみを乗り越え、あなたの相棒が望んだようにあなたが幸せな人生を送るには、相棒との思い出を幸せに満ちた宝物として受け入れていく必要があります。

ペットロスの悲しみを乗り越えるために何ができるか、一緒に見ていきましょう。

ペットロスから後追い自殺を望んでしまう心理

ペットロスは悲しみや喪失感や怒りなど、さまざまな感情がともないます。強い感情がとめどなく押し寄せてくるため、感情が整理できず、心や体に大きな影響が出ます。なかにはペットロスによる症状から、後追い自殺をしてしまう人もいます。

心身の異常がペットロスによるものだと理解するために、ペットロスによってどのような症状が出るのか、ペットロスから自殺を望んでしまう心理はどのようなものなのか、見ていきましょう。

ペットロスの症状

ペットロスの症状

ペットロスによる精神的ショックは、心身に大きな影響を与えます。

“「ペットロス症候群」とは そのダメージによる精神的・身体的不調を指します。当然、大変な悲しみ におそわれ、泣いたり、不眠、食欲不振、食べ過ぎ、胃の痛み、息苦しさ、 疲労感、身体の痛みなど、さまざまな症状が現れます。”
【引用元:日本医師会「別離」への心の予行演習-ペットロス症候群-

このように、ペットロスが重くなると喪失感や悲しみによるストレスから精神的な症状が出たり、食べ物が喉を通らなかったり、逆に食べ過ぎるようになったりすることがあります。不安な方は、医療機関の受診やカウンセリングを受けるようにしましょう。

ペットロスは家族の死と同じ

ペットはその飼い主にとって、とても大きな存在です。毎日食事を与え、共に遊び、ときには叱ったり、喧嘩することもあるでしょう。最近では「伴侶動物(コンパニオンアニマル)」という言葉もあるとおり、長いあいだ苦楽を共にしたペットは、飼い主にとって家族同然です。

その相棒とも呼べるペットの死は、家族の死と同等につらく悲しい出来事であり、精神に大きな影響が出てしまうのは仕方のないことなのです。自分のことでも、他人のことでも、決してペットロスくらいでなどと考えず、大切な家族を失ったという認識をもつようにしましょう。

後悔と絶望がペットロスの原因

愛する家族を失ったとき、人は後悔と絶望を感じます。何か救う方法があったのではないか、幸せにしてあげられたか、もっとこうしてあげればよかったという後悔。今まで思い描いていた、一緒に過ごしていく未来が二度と訪れない、何をしても決して戻ってこないという絶望。

そういった自分の思い描く理想と、決して変えることができないという現実のギャップや、何もできない、できなかったという無力感と罪悪感が大きなストレスとなり、ペットロスの症状へとつながるのです。

また、ペットへの愛が大きい人ほどその喪失感は大きくなります。ペットロスがつらいということは、それだけ大きな愛をペットに注ぐことができていたという証でもあるのです。

ペットロスから立ち直るために乗り越える4つの課題

愛する存在を失った際の、さまざまな感情が混ざり合った心の状態を「グリーフ(悲嘆/ひたん)」と呼びます。心理学者のウィリアム・ウォーデンは、この状態から立ち直るためには4つの課題を乗り越える必要があると述べています。

悲嘆は時間が自然に癒してくれる場合もありますが、場合によっては長引き、ペットロス自殺に至ってしまうこともあります。そうならないために、積極的にこの4つの課題をクリアし、みずからの心を癒していくのです。4つの課題について、一緒に見ていきましょう。

課題1:【喪失の受容】

課題1:【喪失の受容】

1つめの課題は、ペットが二度と戻ってくることはないという事実を、まぎれもない現実の出来事であると認識することです。

ペットロスになると、初めのうちはその精神的ショックから、かえって何も感じない状態、現実を受け入れられない状態になることがあります。これはそのショックから心を守るために無意識がおこなう、防衛反応のひとつであると考えられています。

しかし、ペットロスを受け入れ、立ち直るためにも、現実を受け入れることは必ず必要になります。たとえつらくても、愛するペットの死をしっかり受け止めましょう。

課題2:【悲嘆の苦痛の経験】

大切なペットの死を受け入れる喪失の受容ができたあとは、その悲しみをしっかり感じるという課題が待っています。ペットの死を現実として認識すると、自然に悲しみがわいてくることが多いかと思います。

覚えておいて欲しいのは、悲しみを抑えようとして、忘れようとしたり、すぐに新しいペットを飼ったりなどをしないようにすることです。悲嘆の苦痛をしっかり感じずにほかのもので埋め合わせたり、すり替えたりしてしまうと、一時的には楽になっても、後々ぶり返したり、心身症として表れることがあるのです。

ペットロスによる悲嘆の苦痛は、ペットがあなたにとってかけがえのない存在だったことを示す大切な経験です。苦痛から逃げることは愛するペットの存在を、なかったことにするようなものです。愛するペットの生きた証として、そのつらさと悲しみを記憶に刻み込みましょう。

課題3:【新たな環境への適応】

3つめの課題は、ペットのいない現実という、新たな環境に適応することです。死によって失うのは、その存在だけではありません。「飼い主」だった自分、ペットの世話をしていた自分、役に立っているという感情など、ペットに付随していたセルフイメージや関係性など、さまざまなものを副次的に喪失します。

大切な存在の喪失を乗り越えるためには、これらのさまざまな喪失を受け入れ、変化していく必要があるのです。ペットの存在が自分にとってどのような意味をもっていたのか、どんな役割を担っていてくれたのかに目を向け、自分や誰かの力を借りながら、変化に気づき、受け入れていきましょう。

課題4:【情緒的な再配置】

最後の課題は4つの中でもっとも難しいとされる、情緒的な再配置です。簡単にいえば、亡くなったペットと自分を心の中でつなげ、失われたのではなく、自分の一部に変化したのだと気づいていくことです。

ここまでの課題はどちらかというと、失ったことに目を向け、それを理解していくという受動的な課題でした。それに対し4つめの課題は、ペットが今、自分の中でどのような存在になっているのか、ペットがいたことで自分の人生がどのように変わったのか、ペットの死に意味を見い出すという、能動的な課題です。

喪失の悲しみをしっかり味わい、消化したうえで、自分の存在を構成する一部となったこと、幸せな記憶を与えてくれたことへの感謝と喜びを得ていくことで、この課題はクリアできるでしょう。

ペットが自分に与えてくれた変化やその影響として、愛するペットはあなたの中に存在し続けるのです。

ペットロスを受け入れる方法

ここまで、ペットロスを乗り越えるための4つの課題について解説してきました。ここからは、どのようにしてこれらの課題を乗り越えればよいか、具体的な方法とアドバイスをご紹介していきます。

1.ペットロス経験者と話をする

1.ペットロス経験者と話をする

ペットロス経験者と話をしたり、体験談を読んだり聞いたりすることはペットロスを乗り越える助けとなるでしょう。ほかの人につらいことを打ち明けることはストレスの軽減になります。

また、経験者に当時の感情や気づいたこと、今どのように感じているのかを聞くことで、自分だけでは得られない気づきを得られ、自分のペットが自分にとってどのような存在だったのかを知る手助けとなるでしょう。

2.思い出を整理する

ペットが使っていた道具や思い出の品、写真など、ペットとの思い出を整理してみましょう。ものを整理するのは当時の記憶を思い出す助けになります。ペットと過ごした時間や体験した出来事を振り返ることで、ペットがいたことで自分にどのような変化があったのか、ペットが何を与えてくれたのか気づくことができるでしょう。

3.生活を変える

生活に何らかの変化を与えることもペットロスを乗り越える助けになります。しっかりペットの喪失と向き合い、自分に与えてくれていたものを理解したうえで、新たなペットを迎えたり、今までペットの世話に使っていた時間やお金をほかの人との関係や趣味に費やしたりしてみましょう。

そうすることで、ペットがいたことで自分に起きていた変化、いなくなったことで自分に起きている変化に気づくことができるでしょう。大切なのは、ペットに対して感謝する気持ち、ペットの存在が自分の中にしっかり息づいているという感覚です。

4.葬儀をする

葬儀や命日の行事などは、課題を乗り越えるために大いに役に立ちます。ペットが亡くなっても、それまでと同じ区切りのない日常生活がつづいていると、忙しさや余裕のなさによって現実感を感じられない状態がつづくこともあります。

葬儀をおこなって区切りをつくること、ペットの死にしっかり向き合う時間をつくることで、喪失の受容や、悲嘆の苦痛の経験をクリアする助けになるでしょう。

ペットの葬儀について知りたい、葬儀会社を探している方は弊社にご相談ください。お悩みをお聞きし、ペット葬儀をおこなっている業者をご紹介致します。ご相談に際しての手数料などは掛かりませんので、お気軽にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中読み込み中...
0120-220-175