※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます

相模原市のペット供養

ペットの生涯寿命ってどれくらい?相模原市での火葬方法の豆知識

神奈川県の相模原市では、近年、家族としてペットを飼っている方が多くいます。ペットを飼うということは、きちんと最期まで面倒をみなければいけないことを意味します。というのも、動物というのは人間よりもかなり短い平均寿命だからです。たとえば、日本で最も多く飼われている犬の平均寿命は10年くらいとされています。また、猫の平均寿命は10年から16年です。その他にも、ハムスターの寿命は2、3年、フェレット、ウサギの平均寿命が6年から8年、インコが18年から20年です。このように動物の寿命は短いですが、犬や猫の寿命は昨今、伸びているそうです。その理由は、ドックフードやキャットフードの定着率が上昇しているからです。以前は、食事の残り物を餌としてあげる事が多かったです。しかし、人間の食べ物は、動物にとって味が濃過ぎて栄養バランスが悪いので、体に良くありません。今はドックフードをあげる家庭が90%を超えているので寿命が伸びているといえます。その他にも、動物病院が増加していることも寿命が伸びている原因です。ちょっとでも気になることがあれば、すぐに医師に診てもらえます。このような背景がありますが、それでもペットの多くは人間よりも天国へ行ってしまいます。相模原市では、そんな悲しみを癒すためにペット葬儀をあげる家庭が増えています。家族のように大事に飼ってきたペットのために、人間と同じようにお経をあげたり、火葬をしてあげるのです。色々な火葬方法が有る中でも、特に人気なのが火葬炉を車内に設置している専用車によるものです。相模原市のペット葬儀業者に依頼すれば、希望の日程で自宅にて火葬を執り行うことができます。希望により、周囲の環境に十分配慮した場所へ移動して火葬を行ってもらえます。専用車を利用する利点は、霊園などに連れて行く必要がないことです。また、近隣への配慮さえとれれば好きな時間帯に火葬を行うことができます。ペットの葬儀の方法について気になることがある時は気軽に業者に相談してみると良いです。

相模原市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年12月16日
    エリア
    神奈川県相模原市中央区
    参考金額
    19,000円

    大切なペットが亡くなられたとのことでご入電いただきました。猫の火葬を行ってほしいとのお問い合わせがありました。体重は5キログラムとのことで、引き取りで合同火葬、埋葬を希望とのことでした。火葬希望日に関しましては指定のお日にちをいただきました。

  • 受付日
    2016年11月17日
    エリア
    神奈川県相模原市中央区
    参考金額
    21,000円

    ご返骨希望で、猫のペット葬儀を頼みたいとのことでお問い合わせいただきました。葬儀希望の猫は体重が4キログラムほどで、火葬車での個別火葬をご希望でした。火葬のご希望日はお客様よりご指定いただいておりました。

  • 受付日
    2016年11月11日
    エリア
    神奈川県相模原市中央区
    参考金額
    21,000円

    飼っていたシーズーを個別火葬で見送りたいという方から、ペット火葬のご依頼をいただきました。お客様のお話によりますと、亡くなったシーズーは病気でかなり痩せてしまっているとのこと。火葬車での個別火葬のあとお骨はご返骨。火葬希望日は具体的なご指定日を挙げられていました。

  • 受付日
    2016年11月04日
    エリア
    神奈川県相模原市南区
    参考金額
    21,000円

    まだ亡くなってはいませんが危篤状態とのことで、ペット葬儀の相談をしたいと飼い主様からご相談をいただきました。ペットの種類は猫で、体重は2.5キログラムほど。火葬車で個別に火葬がご希望で、お骨はご返骨希望。ご自宅は団地で人目があるとのことで、お客様の手による持ち込みをご希望されていました。

  • 受付日
    2016年10月28日
    エリア
    神奈川県相模原市中央区
    参考金額
    19,000円

    ミックス犬を飼われているお客様より、葬儀のご相談がありました。ペットの体重は13キログラムほどで、引き取りで合同火葬が希望。火葬後の埋葬は希望で、火葬希望日は具体的なお日にちの希望がございましたのでご指定くださいました。

その他の葬儀事例紹介はこちら

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談からお別れ終了まで
  • 0800-805-7257
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • ペット葬儀110番とは
思い出をカタチにしませんか?